welcome-image-photo
(現在の網小医院の玄関部分)http://amishou.weebly.com/ 島の小学校は廃校となった後、内部を改装して、医院・老健の施設に利用されています。島外からくる患者さんも稀にいますが、殆どの利用者は以前にこの学校に通って学んだ人達。 學校の建物自体は建て替えられたので、当人たちが通った当時の木造の校舎ではなくなっていますが、事あるごとに小学校に通っていた頃の事を思い出す事でしょう。以前ラジオで耳にした話による...
最終便の船が着くと、操舵室から船長が荷物を持って出てきた。荷物の箱には「取扱い注意ケーキ」と書いてある。艀をしている船の綱取りのオジサンは色々な伝票と一緒に船長からそれを受け取り『おう!息子がらケーキ来たぞ』と言いながら、桟橋まで荷物を取りに来たお婆さんに渡す。『美味そうだな、俺にもごっつぉうすろ』とからかうと『大っきくて食べきれないからごっつぉうすっから』と笑いながら切り返す。・・・・・・・・・...
19日の日島に行ってきましたブルーライナーが定期検査に入っているという事で、石巻からの上陸では島での滞在時間が少ないので、鮎川から行く事にしたのですが、車での移動時間が2時間ちょい。4時起きでした・・・予報どおり冬の季節風が吹き午後からは網地に寄港しないので、乗船時間が短いと思っていたら、夕方から風は弱くなり長渡→網地→鮎川の通常の航路を運航・・・とは行っても波は直ぐには収まらないので、池の浜の先は...
網地島の夏といえば『がんじぇの口開け』を直ぐ頭に浮かびますが漁と関係ない方はやっぱり白浜での海水浴かなという事で、網地白浜での顔を並べてみました...
    ↑左下のアイコンで説明が出ます...
網地島の色々な風景やシーン135カットを集めてスライドにしました。中には昔の浜の写真や祭りの写真も入っています。...
この記事は『念願かなってカヤックで』と言う事に成っていますが、実は小学校に入学したやろっこのスクールボートを管理する石巻教育委員会が運航する業者を指導しきれないので、それに抗議して島から鮎川までの通学路?をタンデムのカヤックを漕いで往復したのが真実。この後直ぐに『こんな危険な真似はしないで欲しい』というメッセージが来ましたが、その後も進展は無し。時間にはしょっちゅう遅れるし、時には1年生の子供を地...
時々思い出すのが子供たちと行ったシーカヤックツーリング。あれは震災の前の年でやろっこが保育所の年長でじゃい丸が3歳の時。やろっこは約5Mのシーカヤックを一人で操り、じゃい丸もタンデム邸の前に乗り細っこい腕で懸命にパドルを振り回して、長渡の前の浜から桑折浜まで懸命に漕いだ。 無人島キャンプごっこ 途中無人島の佐渡島の間を通り抜けて行ったので、子供たちは今でも桑折浜が無人島の島だったと勘違いして覚えて...