welcome-image-photo
地方から皆が都会へ流れ込む時代は終息に向かい、中高年の多くの人々が自然との触れ合いや田舎生活を憧れ、定年後の第二の人生を田舎での自給自足の生活とする人々も珍しくなくなってきました。 この傾向は全国的な傾向ですが、当地網地島も同様で『月10万円で生活、、、』のテレビ番組や他のメディアで取り上げられる前からも新島民になる人が増えだしています。 過去10年間、移住して通年生活している人は約25組50人。...
 年明けに多忙を極めていた久丸船長が病気で倒れ長渡~鮎川間の運行が止まり、交通の便と共に様々な分野に影響が出ていましたが、4月1日より他の人に引き継がれ、以前と同じ時間帯で航行することになりました。 久丸は交通以外にも郵便、生協の共同購入、ガス、灯油、氷、建材等の運搬や様々な業者や個人での臨時を柔軟に引き受けていてくれていましたので、久丸が運休していた3ヶ月は島民も不便な生活を強いられましたが、4...
 年が明けてから初めての口開けは海藻の口開け。解禁の日時は3月3日の午前9時から2日間。7時頃から皆さん浜を目指し動き出したようですが、如何せん干潮時刻がお昼頃なので、浜に着いてもまだ潮が引いてはいません。 同じ浜とは言え一様に海藻は生え揃わないので、それぞれが狙うポイントを眺めながら若干けん制気味に開始時間まで待ちます。  採って良いのはヒジキ以外のフノリ、マツモ、ノリ、ワカメ等。皆さんは始めは...
 島は絶えず風が吹いているので冬も意外と寒いのですが、今年の記録的な寒さで更に厳しい冬となりました。冬の初めに歩き出したやろっこは外で遊びたいのに部屋に閉じ込められたままなのでストレスが溜まりっぱなし。正しく『♪は~るよ来い~』の心境でした。 これだけ寒いと、障子と襖の家屋で隙間風が入る我が家では、朝の室温が3℃前後まで低下し、暖房を焚いても中々暖まりません。 更に小さい子が居るので灯油もどんどん使...