welcome-image-photo
この頃我が家の蛸カゴに獲物が入りません。入っているのはヒトデとヤドカリとアメフラシだけ。他の人が入れたカゴに一斉に入った時でも、我が家のは閑散としてました。スランプです。そう言えばこの前入った時は、餌にカツオを入れたときでした。いつもの脂のないパサパサした子サバじゃあ、舌の肥えた蛸はお気に召さないのでしょか。蛸だっていつもいつもパサパサした子サバじゃあ飽きるでしょうね。湾内には選り取り見踊りのカゴ...
某集落に流れる、その昔鰻が沢山取れたという沢に久しぶりに行きました。 大雨などの水の勢いで、以前よりも広くなった部分があちこちに出来ていましたが、良く見るとその部分に大きなゴリ(スミウキゴリ)が沢山泳いでいるのが見えました。以前にも小さいのが数匹確認されていましたが、少し増えたような感じです。このゴリは空揚げや甘露煮にして食べられるそうですが、島ではこの沢にしか居ませんので、見つけても食べないよう...
秋冬は夕焼けも見事ですが、朝焼けも素晴らしい。でも我が家は朝が遅いので夕焼けのように、腰を軽くして動かないから、何時も見始めの太陽は既に鮮やかな色を失って、眩しく輝いている場合が多い。見たとしても台所の窓から見えるこの程度だから、視界に入らない範囲は想像あるのみ。と言う具合に全景を見てないので『今日の朝焼けは綺麗だった様ですね!』『ええ、もの凄く綺麗でしたよ~っ?』て具合になってしまう。やはり寒い...
蛸カゴに2枚目が入りました。それもかなり大きいです。開けて見たらやろっこはびびって近づけません。ついでにドンコ(エゾアイナメ)も2本入ってました。これは晩にドンコ汁にして食べますが、流石に獲れたては、目が澄んでいて綺麗です。この前の蛸はまだ残っているので、とある先に『蛸食べる?』って電話したら、『食べる』って事なので、今日のは船で送りました。発泡を開けたらでかい蛸が生きたまま、ぐにゃぐにゃ貼り付い...
今年は蛸が多いようなので、知り合いから蛸カゴを貰って、蛸獲りを始めました。 やり方はカゴの中に餌の魚を入れて、防波堤や堤防から海に放り込んで、ただ待つだけ。我が家ではやろっこのお楽しみ用ですので、たった2個だけです。やろっこはカゴを放り投げる都度に『たこさん、かごにはいってね~』と呪文のように唱えてます。初日、蛸ではありませんでしたが、カニが入っていました。やろっこは少し前に見たTVの真似をして『...
たっ たっ たっ たっ たっ たっ たっ たっ たっ たっ 『ζ∬ζ凸ゞ★*@Щы凹~~!!』...
降って沸いた災難と言うか、晴天の霹靂と言うべきか、今頃気づいた真にアンポンタンな事実。 昨日表示しない画像のリンクを修正していたら、とんでもない事実を発見した!HP網地島研究所のURLがhttp://ajisima.web.fc2.com/と思っていたら、http://ajisime.web.fc2.com/になっていた。あじしまではなくあじしめなのです。あじしめって何?????め?ガ~~ンである。約2,500ものファイルを1年かけて引越しさせたのに...
(↑再延長された11月19日までの臨時ダイヤ)10月の中旬から始まった、チャーター船レスポアールの検査が予定よりも長くなり、2週間の予定が1ヶ月を過ぎても終わらず、11月19日までの予定で延期されてきました。 又この間はカレンダーが11月をまたいだ為、網地島ラインは冬季ダイヤに入り、実際の運航表は途中からレスポアールの臨時ダイヤ時刻表を基本として、最終便のみ冬季ダイヤの時刻で運航するように変化しま...
時々ジュウタンの上に黄色い粉。天井を見上げると小さな穴が沢山開き、そこから黄色い粉が吹き出ていた。 大工を本業とする友達に話したら『築年数がかなり経過しているので現在進行形で虫が穴をあけているのではないと思うが、以前に虫が開けた穴から、材が吹き出ているのだろう』とのこと。いつまで経っても止まらないので張り替えることにしました。(↓は最後の一枚を残すまでに貼った図)この際、杉の羽目板の天井にでもする...
以前から気になっていた場所の風景で、ここを訪れたのは2回目。前回も時間が無かったので足早でしたが今回も余り時間が無かったので浜には下りられませんでした。 この写真は一見すると松島の何れかの場所のようにも見えますが、沖合いの島は田代島と砥面島ですので、この場所は牡鹿半島の南側。 場所としては県道石巻線の小網倉浜と小積浜の間に位置する君ヶ金崎にあります。この石巻と鮎川を結ぶ県道は、快適に最短で通過出来...
月曜日なので例の如く浜の広場に買い物に出掛けました。賑わいのピークも過ぎ、ゆっくり買い物が出来る等と思ったのもつかの間、突如広場の奥にまで上がってきた高波に襲われてしまいました。実はこの数日は低気圧の影響でうねりが続いていたのですが、更に運悪く買い物に行った時が丁度満潮時刻だったので、大きな波が岸壁を越えてしまったのです。 その岸壁を越えた波は、ほんの十数センチしかないのですが、そのままゆっくりと...
中々見事なツルウメモドキをとって来たので喜んで玄関に飾っていたら、数日後その下に黄色い粉が落ちるようになった。どうやら木に虫が住んでいるらしい。『んん~ん。実も丈も見事ななのに残念!』...
早々障子の張替えを始めました。道端でやっているので『おっ!早いね年越しの準備?』って声を掛けれられます。まあそう言う意味でも無くは無いですが、12月は何かと忙しくなる予定ですので、出来る内に出来ることをやって置こうという訳でして。これだけの事をやっているとやろっこに見つからずに隠れても出来ないので、しかたなく手伝ってもらもらいましたが、この後の障子貼りの作業は流石に手伝ってもらう工程もなさそうなの...
港に掲げられた県道補修の案内やら注意の看板を前に、何やら始まる予感を感じ、そわそわしているやろっこ。ウル覚えのひらがなを読んでおりましたが、その島の中央を走る県道の補修工事が網地側から始まり、網小医院付近に到達しました。用事で行った病院前でその工事に遭遇。何せやろっこは工事関係の重機は大好きですから、半ば興奮気味で現場を監督していました。 帰り際にロードローラーを運転する工事のおじさんに『がんばっ...
そとからキイーキイーと音が聞こえてきたら『あ!じてんしゃだ』とやろっこ。実は【ジョウビタキ】の泣き声。確かに自転車のブレーキを掛けた時のキシミ音に似ている。やろっこにあれは自転車ではなく鳥が鳴いているんだと何回言っても、自転車だと言って譲らない。かくしてこの日以降はジョウビタキの名が【ジテンシャドリ】と変更(命名)されてしまいました。ちなみに発案者はお母さんで、正式には【キーキージテンシャドリ】と...