welcome-image-photo
先日病院へ行ったときの漁師Sさんとの会話。『足どうしたの?』『去年の爆弾低気圧の時、落ちた葉っぱ踏んづけて、転んで治んねんだよ。 天気悪ぐなる前、必ずズギズギ痛ぐなって、んっとひでんだ』『でも天気悪くなるの分るんだら、便利じゃあないの?』『んだ。天気は100%分るがら、便利なんだげど、ただこいづで波わがんねんだ』『はは、なるほど』確かに年を取ってからの怪我や傷は、優秀な予報官並みに天気が崩れるのを...
2001年から始めた網地島研究所ブランドのヒジキ。当初は半ば冗談で『禁断のヒジキ』の名で販売していましたが、年を追う毎にファンも増え、終には本当に『他のヒジキが食べられなくなった』とのクレームも来る様になりました。嬉しい限りです。個性的なネーミングの方がインパクトがあって良いのですが、流石に『禁断の、、』が不特定多数の方々に出回るようになってからは、若干こっ恥ずかしいので、改名して大人しくやってお...
ドワメキの呼称については以前にも書きましたが、先日久しぶりにブルーライナーに乗ったら、こんなポスターが貼ってありました。あんなにドンミキって言い続けていたのに、いつの間にかちゃっかりドワメキに変わっていました。 そして更に私がこの呼称の事と一緒に取り上げていた、椎名誠のエピソードも、同じセリフとともに堂々と掲げられていました。偶然といえば偶然、と言うか・・・『まあいいですが』...
船まで私を連れて来てくれた連中は私を船に置き去りにし、既に岸にたどり付いて、大はしゃぎししていた。私を見つけると大笑いしながら手招きをしているた。恐らく頼んでも迎えに来てくれそうにはない。いや恐らくではなくその可能性は皆無に近い、120%ない。子供の残酷さと言うのはこんなモノである。さあ~困ったぞ。(人生最初にして最大の危機だ)船が漁に出るのを待つ手も有るが、明日出る保証は無い。出るまで待ったら親...
(小長渡には当時と同じ場所に、今でも漁船がかけてある↑) 同級生の殆どは漁師の家の子達なので、殆どの子が小さい頃から泳げたようだったが、農家の子である私は小学の4年頃まで泳げなかった。 そして私の友達の中にも漁師の家の子達もいたが、私に覚えようとする気が無かったのか、教えるのが下手だったのか中々上達しなかった。 そんな具合でも磯遊びは好きなので、夏休みには小長渡やただわきの浜へよく通った。小長渡の...
5月16日から網地島ラインのカーフェリーマーメイドが定期検査に入り、ブルーライナーだけの運行ダイヤになりました。変更は16日からですが、臨時ダイヤが書かれた回覧板がまわって来たのは、17日です。何処かのお宅で何泊かして遅くなったのでしょうが、それにしても回覧のスタートが遅かったのでしょうね。臨時ダイアでの運行は6月4日頃までの予定ですのでご注意下さい。さて遅かったといえば、網地島ラインの増便の話。...
水没を免れた小舟は岸を背にして、再び進んだ。佐渡島を越えて、小長渡の小湾に入った時、『漕いでみるか?』と船頭役の同級生に誘われた。一旦断ったのだが、簡単なんだからと皆に勧められるので、その気になって代わってやってみたら意外と簡単だった。で曲がる時はどうするの?って聞いたら、こうやるんだよと言って、操作を見せてくれた。ふむふむ。櫓は前後に押したり引いたりするように交互に漕ぐのだが、片方にだけ漕げば、...
櫂(カイ)は三年、櫓8ロ)は三月と言いますが、櫓は確かに操作が簡単ですから、まっすぐ進むだけなら15分もしない内に出来るようになります。かたや三年掛かるという櫂は色々な技があるので、やはり難しいですが、カヤックのスカリングが出来るようになると、概ね動作原理は同じですから1年掛からずとも出来るかもしれませんね。とはいえ櫂も櫓も今は殆ど見なくなったエンジンなしの木造船で使う道具ですから、覚えようとして...
 我が家の本業はでんき屋です。デンキ屋もその仕事内容によって、電気だったり電器にしたり電機、デンキなどを使い分けて表記しますが、我が家は以前に自営で使っていた時と同じ表記で電機を使っています。 実際の業種内容は何でも屋みたいな感じですが、年間収入の半分以上はこれに頼っています。(是非ご利用下さい)ただ過疎化による人口減少を考えると他の収入源を創らなければならないのですが、中々順調には行きませんね。...
07:15 この日はうねりがあり長渡港に船が着かないので、保育園へは網地から出発。08:00 送っていった船が運良くチャーターされたので便乗して網地へ帰る(我が家ではラッキー久丸と呼ぶ)船を待つ間にちょこっと散策してたらの芽調達網地からの帰り道、道端にのたれている蛇を発見。妻が車にあった鋸でツクンツクンいたずら(生ものには使わないで下さい!)15:30長渡発の船で保育園の帰りのむかえに行く。鮎川か...