welcome-image-photo
見本誌在中!??開けて見たら発売前にして来月号の「じゃらん」が書店より一足先に届きました。今月の初旬に白浜で取材した特集が載っている本です。メインタイトルは『夏休み大特集』 史上最大ボリュームらしいです我が研究所のタンデム艇「みかん号」が透き通った白浜海水浴場にポカンと浮いています。広々とした砂浜を見たら、行きたくなるでしょうね~流石プロのカメラマンが撮ると違いますさて、紙面にはカヤック体験希望者...
 やろっこ2号が全然登場しないので、 心配した方からのメールが時々舞い込みます。 ご心配をお掛けしている様なので、 やらせ写真を撮ってみました。 生後6ヶ月 やろっこ2号の現在の愛称は 「ミシュランボーイ」 「でぶちこ丸」 生まれた数日後に 2,500gを切って入院したのに、  ガツンと重くなりました。...
網地白浜の一面に浜昼顔が咲いています。毎年海水浴場開設前に刈られたり、掘り起こされたりして取り除かれるのですが、逆に毎年勢力を伸ばしています。野生植物のエネルギーは本当にすごい。もしかして来年はその植生の範囲を海の中まで伸ばすのでは?かつて原始の時代に緑藻類の海草が陸上に進出したように。...
灯台の名前は『どわめき』に落ち着いた様なので、投票は継続しながら、こちらへ引越します。さて、万が一大勢の観光客が押し寄せたら大変ですので、「どわめき饅頭」?の前にまず最初に公衆トイレくらいは必要と思います。 で更に、いくら経費がかさむからと言っても、白浜の隣の海水浴場開設期間以外閉鎖!なんて事は出来ないはず。不便だという声も時々聞きますが、通年で観光客を誘致したいのなら、島内に2ヶ所しか公衆トイレ...
夏アワビの1回目の口開けがありました。開始時刻は7時、終了は10時。まあこれはいつもと同じですが、 でも今年は量が少なく、多くの船はエンジン全開でアワビを探し求めて漁場を右往左往していました。巷での意見では『今年は若布が付かなかったからな~』って事になっていますが、、、、。もし餌とする若布が少なくなったのが原因とするなら、冬を越した、多くのアワビは急に何処に行ったのか?もし死んだのなら海底に死んだ...
待合室に『網地島慕情』の大きなポスターが貼ってあります。実はご本人が遊びに着たのか、キャンペーンで着たのか、ご本人が貼っていました。で、早速聴いてみましたが、曲の雰囲気は世良公則が青葉城恋歌を歌っている感じ。長閑さがつたわってきます。なんで今頃慕情?って感じもしますが、そもそも作ったのがずいぶん前に島に来た時の事だった様なので、その時代に「慕情」っていうのが流行っていたんでしょうね。京都慕情、長崎...
保育園に通いだして、やっと2ヶ月が過ぎました。でも風邪になったり、検診に行ったり、時化で休んだりで、1週間休まずに通い続けたのは、今週が初めて。朝の船が7時15分発ですから朝寝坊の両親も毎日早く起きなければなりません。親は久しぶりに朝寝坊の出来る週末が待ち遠しくなりました。土日最高~!ですところでやろっこは保育所が始まる少し前から、急に船が揺れるのを怖がり始めました。お母さんのお腹の中から数えても...
6月10日から20までの期間、仙台の電力ビルのグリーンプラザで牡鹿半島しまめぐり展が開催されます。入場は無料。網地島の写真には『網地島研究所』も協力していますので、私の撮ったヘッポコ画像も混入するかもしれません。それからJTBのるるぶ『楽々シリーズ』仙台版6月号で網地島のドワメキ崎や白浜海水浴場等が紹介されます。こちらも若干協力しております。それと『じゃらん』7月号で網地白浜がリゾートというイメージ...
 以前にも書きましたがまた今年も咲いてくれました。でも株の数は去年より少なくなったようです。このランは絶妙な生態系のバランスで生き続けていますかから、何かが変わったのでしょうね。さてこのラン、以外にも東京の玉川上水の淵に多く自生しているらしいのですが、そこの道路ができる話が持ち上がり、大揉めしているとの事をTVで放送していました。移植や栽培の技術も近年研究されてきているようですが、完璧な技術として確...
『あれっなんだこりゃ?』って思いましたが、要するに手抜きですね2個(2枚)並んでいると、一瞬迷いますから、若干危険な気がしないでもありませんでもどうせするなら、古いのは裏返しにした方が親切という感じもしますまあ島は持ち込むのも処分するのも手間が掛かりますから、こうしたのかも知れませんが、ここでしか通用しない工法なのは確かですね。でこれも老朽化したら、次は3本並ぶのかな?...