welcome-image-photo
今年も大所帯の団体が上陸しました。一つ屋根の下に30人以上の人が入ると、かなり賑やかです。でその方々の乗るシーカヤックも、30艇以上。これだけ並ぶと中々壮観な眺めで、更に一斉に漕ぎ出すともっと見事です。でも毎日見ていると、、、、。ともあれ。網地島のシーカヤックは今が盛りです。...
野良猫が桟橋でどでかい魚を発見うきうき気分でかじっていると、烏が近づいてきたけん制しながら烏は横取りを決行!猫は『フゥーー!』と威嚇する一旦猫がアドバンテージを取ったが、更に不穏な影が近づくははは、やろっこの登場である『あばべぃ~~!!』『こんきゃろ~~』『きっく!きっく!』猫、カラスとも退散し遠巻きに見守る主導権はとったものの、 これ以上手が出せない やろっこむむむ・これはでかい『なんじゃあ こ...
これもまたかなり古い写真ですが、網地港の部分です。防波堤は見当たりません。中央に有るのが、熊野神社の鎮守の杜。右側奥にある建物が大棒網の番屋。左側の二階屋が恐らく今の逸見商店。更に手前がはしもとの屋根なのでしょう。これを見ても白浜から網地の港に続く、海沿いの道は有りません。それでも潮が引いているときは波打ち際を近道して歩いたらしいですが、波が強いときや潮が差しているときは、それも出来ないのでやむな...
この写真は網地白浜のかなり昔のもの。中央に岬のように写っているのが、今の丸山岸壁の丸山の部分。何処の場所かといえば、網地白浜の一番南側の端のこんもりとした山の部分。 海水浴シーズンに網地島ラインがレンタルグッツの店を置く建物のあの背の部分に有る小山の場所です。あそこはその昔、こんな感じに海だったのですね。ですから当時は白浜から船着場に続く、海沿いの道は無かったらしいです。それと白浜も画像の左側まで...
夏になると探し物風の人が道を歩いていているのをよく見かけます。声をかけて見ると、どうやら民宿の晩御飯が終わってから、散歩がてらジュースやタバコを売っている店を探しているらしいのです。でもタバコの自販機は島には存在しないし、飲み物の自販機も自力で探すのは、殆ど不可能。更に商店も既に閉まっていますから、時既に遅しです。喉が渇いたらだけなら100歩譲って、水を飲めば喉は潤いますが、タバコは翌朝まで我慢し...
高速艇ブルーライナーの船舶検査期間に「みゅう」が就航しました。寄港順が鮎川→長渡→網地→鮎川の順番なので、15分先の鮎川に行くのに、50分も乗ってなければなりません、長渡の住人からすると不便な便ですが、やろっこがお気に入りなので、朝は仕方なくこの便に乗っています。でも本人はそんな事はお構いなく最前列でウキウキしています。さてこの「みゅう」、ブルーライナーが船舶検査に入るために、航行速度の極めて遅いマ...