welcome-image-photo
中はパラダイスか?とあるお店の入り口に 『バゲセール』 の張り紙実測はしてませんが、50mm×150mm位の黄色い紙に縦書きで書いてあります。な~んだバーゲンセールを書き間違えたのか、と思っていたけれでも、半年以上もそのまま。果たして本当にバーゲンセールなのだろうかと?と疑い始めた。もしかしてそれは、バゲと言う商品のセールなのか?それとも港が近いからバゲと言うメーカーのセール(布地?)を扱っている...
ウシとの遭遇以前から約束した牛を見に、姉のうちに行きました。姉の家は日本昔話に出るような山に囲まれたわらぶき屋根です。縁側も戸がない無垢の木(板張り)の本格的な縁側であります。夕方になったらガラガラと木の雨戸を立てます。快適性は別として、風情がありますね。 外国人は日本の家屋を『木と紙で作っている』と言ったらしいですが、あれは絶対間違っています。訂正すべきです、何故なら泥も使っています。 それはさ...
温暖化警告のメッセンジャーか?鮑漁の時に初めて見た生命体を、先日又前の浜で再び遭遇した。そのさまは木の葉の舞うようでもあり、日本舞踊の手に様にでもあり、頼りなくも休まず急がずヒラヒラと泳ぐ。って言うか波に揺られている感じ。家に帰ってから早速小学館の水の生き物で調べる。(小学館の図鑑シリーズは子供向けではありますが、結構便利です)ウミウシとアメフラシの近くから調べたらありました。名前は【ヒラムシ】で...
時々行くクリーニング屋さん(基本的に皆さん口数が少ない)『ごめんくださ~~!』何回呼んでも出てこない(近くで話せば通じる様ですが、たぶん耳が遠いのでしょうね)『先日お願いしていた礼服出来ているでしょうか』『名前は』(聞き方が、職務質問のよう。きっとシャイなんでしょうね)カウンターに上履きのスニーカーを履いたまま乗っかり、ぶら下がっている中から礼服の上下を探す。で探したのを件のカウンターの上に乗せ、...
今は昔 唐船番所といふ建物ありき牡鹿半島の先端の高台に御番所公園がある。ここからは半島の島々や遠くには仙台の街、蔵王や船形や福島までの峰々が望めるが、この立地条件を利用して今を去る370年前頃、外国船を見張る、唐船番所が設置された。島原の乱以降の鎖国の直ぐ後の出来事である。 唐船番所跡の石垣が当時のままか否かは定かではないが、御番所公園を更に登り、遊歩道の先にそれはある。理想的な立地条件では金華山...
『おとうさん きょうも くじらいたよ』『おお 今日も泳いでいたね~』こんな感じでドワメキ崎でには何時もこの鯨が泳いでるのですが、棲みついているのですね...
(画像は2000年6月)11月にはいって秋鮑の口開けがありました。風波とも今までにない位のベストコンディションでした。開口15分前。船を下ろそうとして準備していたら、約一名朝の儀式をもよおしトイレへ駆け込む。(やれやれ)約1名を待ちながら船を下ろしエンジンをかける。『ん?』冷却水が出て来ない。(なんてこった このままだった今日の漁は終了である)エンジンのカバーを外し、冷却水が出るホース周辺を点検す...
島は常緑樹が多いので、紅葉する木も少ないですが、今年の山桜は例年になく鮮やかな色に変化したようでモノトーンの島の山に映えています。島の中央を走る県道沿いの景色はそんな感じで然程かわりばえしないですが、舗装道路から一歩山に踏み込むと、草むらには小さな植物が競って色を変え、まだまだ秋の装いを楽しませてくれます。上から見ると未だ種が入っていました乾燥した果実は王冠のようですさて何か分かりますか?ツルリン...
  穏やかだった渚、賑わった砂浜も今は幻のよう  今こそ本領発揮の感の消波堤を、波飛沫が越えてくる   休みなく打ち寄せる波・波・波 北西の風が吹き付ける  流石の海鵜も岩場で様子見--------------------------------------------------------------------------島の家は何故海が見えないように建っているのか?折角いい景色が見える筈なのに・・と以前は思っていたそれと島の屋根は雪が積もらないのに何故急勾配なの...
やろっこが保育園から帰ってきたら、『あしたから保育園を辞めて、金華山観光へ行く』と言い出した。金華山観光ってのは、金華山に観光に行くのか、それとも船会社の金華山観光に勤めるのか問いただしたが、金華山観光に行くの一点張りで、的を得ない。保育園のむかえにいった妻に経緯を聞くと、どうやら金華山観光ではなく金華山朝市らしく、今朝方鮎川の市場であった金華山朝市の話を教えたら、自分も行きたかったので明日から保...
 レスキュー体験 横に張ったロープは難なくクリヤ で次はロープを上る ここでは 力及ばず 確保するロープで  宙ぶらりん ついうっかり 口がすべり 『たすけて~!』 の一言 え? レスキュー隊員が 助けてでは 誰も助けられんぞ 周辺小爆笑...
11月から鮑漁が始まると言うのに、またしてもシーズン直前に震度3の地震が起きた。 地震が起きると鮑は警戒して岩の陰に逃げ込んだり、沖に逃げ込んだりするので、漁の前の地震はダメージが大きい。シーズンごと鮑の価格が下がっているのに、連日の密猟者の出没。挙句地震とは・・・資源保護を考えたナマズが地震を起こすのか、それとも鮑が依頼をしているのか?しかし、毎年毎年、毎シーズン毎漁が近づくと申し合わせたように...