welcome-image-photo
《余談:巻き割時におけるエネルギー》マサカリが振り下ろされる縦方向のエネルギーは木に衝突し、刃先が木に擦れて熱を発生する→更に進んで横方向のエネルギーに変換される→変換されたエネルギーは1本の木の束縛から解放され飛行を始める→木片は飛行をしながら空気抵抗で徐々にエネルギーを減衰させる→木片はたまたな歩いていていた人の頭に衝突する→当たった人は激怒する。(頭部への衝突で位置エネルギーは熱エネルギーに変換...
《巻き割り上級編:更に割れ難い木》難い木への最終兵器の割り方は、振り回し割り打法。野球のバットの様に両手でグリップのエンドを握り、マサカリのヘッドを足元から体の背面を通り頭上へ廻す様に振り上げ、そのままの回転エネルギーを利用し加速させて振り下ろす。 ソフトボールの投球やハンマー投げの様に、反動を付ける方法だがこの場合の回転角は360度。しかし、がむしゃらに斧を振り回せば、予測不可能のトラブルが発生...
《巻き割り中級》『巻き割りは力でねじ伏せるのではなく、木との読み比べ、知恵比べの駆け引きである』柔道の『イッポン!』の様に、快音とともに真っ二つに割りたいのは人情。でもそれが出来るのは、切り口の口径が20センチ前後で節の無いものまで。 それ以上太くなったものも、気合を入れてど真ん中を狙えば割れ無い事もないけれども、それよりはむしろ年輪の中心より周辺へそれ、手前の部分に刃を入れた方が、少ない力で割れ...
《巻き割りの基本》1.左足を前、右足は後にして自然な歩幅で前後に開く。  左手はグリップエンド、右手で柄の中央を持ち頭上に持ち上げる。2.最上段に持ち上げたら一瞬止めて、刃を当てる場所を確認しながら、振り下ろすイメージを浮かべる。3.イメージが浮かんだら、右手をエンドまで滑らせながら、振り下ろす。ここが一番難しいところ。巻き割りは筋力で割るのではなく、マサカリの重みを利用して割る。それ故振り下ろす...
    低気圧   来ればその都度  海は時化  春の海  のたりのたりは  いつになる?続いてきた低気圧の置き土産を狙って今度は根組の浜に行ってみました。「柳の下にドジョウが2匹」ではなく荒波で打ち上げられた海草の下に、ホヤがゴロゴロジャイ丸は砂遊びその足で山に行きフキとり沢山出ていました。ついでに芹も摘んでツアー終了。  島の春  天然ホヤと  ばっけ味噌  お粗末!...
 浜に来て早く!』 妻から切羽詰った電話が入った 何が起きたのか聞こうとすると 『カモメこら~!』 『このやろ~あっちけ~』←やろっこ てな声何だ~海に落ちたか、怪我をしたのかと心配したけど、そうじゃあないんだ。で尚も電話の先では『ホヤ、ホヤ。カモメが持って行っちゃうよ~』って叫んでる。どうも浜でホヤ拾いをしているのだが、カモメと争奪戦を繰り返しているようだ。仕事もひと段落したので急いで浜に行って...
このごろやろっこがブログを読み出した。このブログを書き始めたのは、丁度やろっこが1歳になろうとした頃だったから、書き出した頃の事はおそらく覚えていないだろうと考えたいたら、やろっこはブログを読み返えしながら、覚えているような事を言うのだ。へぇ~と感心した。そうか~と思い始めた。このブログは我が家の記録であり、子供達が読み返せる、子供達に残せる足跡なのだ。そしてやがてジャイ丸もそのファンに加わるのだ...
『人間は道具を使う(操る)動物』背が小さくとも、これさえあれば高いところに有る物でも、簡単に引きずり落とせるし、散らかせる。何たって便利なのは、軽いからどこにでも持って歩ける。『後ろは振り向かない主義』戸をあけても閉めない。問題は冷気が入ることだけくらい。それに親指をはさみやすいから、戸を閉めるのは危険だ。『散らかっていることで病気にはならない』散乱は美学だ。他にやらなければならない事も沢山あるし...
先日屋根に上がってTVのアンテナを修理していたら、下をフィールドスコープが付いた三脚を担いだ人が2人通っていった。持ち物や服装からするとバードウォッチャーらしい。寒い中ご苦労さんですな~と眺めていたら、彼らは私が工事している家の道路に停めた車の脇を通り過ぎた直後に振り向いて、何かを指差し始めた。 どうも『あれ!あれ!』って言ってる雰囲気。彼らが指差してる先にどんな鳥がいるのか私もつられて探したが見...
『こら~じゃい丸だな~』トイレに入っていると、電気を消すのだ『やろっこ~トイレの電気消し忘れているよ~』って言うと『ちがうよ、じゃいだよ』とやろっこじゃいか~・・・我が家のトイレの電気は上下に2箇所ある。一つは床高110センチの大人用で、もう一つは床高60センチの子供用。 やろっこが一人でトイレに行きだした頃、トイレに行く度に踏み台を運んでスイッチを入れていたので、後で増設したのだ。このスイッチの...
とある人からの情報によると、巷では我が家が「鮎川に引っ越す」事になっているらしいです。『へ~そんなんだ~』って感心しながら『んじゃあ鮎川に言え探さなきゃあ』って冗談を言ったら、『もっと面倒な話になるから』とたしなめれれた。想像するにネタもとの火元→小学に入るようになったら、島から通わせるのかな~?引っ越すのかな~?伝言ゲーム1番手→小学に入るようになったら、島から通わせるのかな~?引っ越すのかな~?...
一見面倒見の善いお兄ちゃん飲み込むペースが掴めないので、スプーンにご飯を盛り、逃げてもいわゆる執拗に迫る。弟が可愛くてやっている事は概ね間違いないと思うが、志村動物園の餌やりを常日頃から『やってみたい~』と言っているのもちょっと気に掛かる・・・はたして真実はいかに?...
今年2回目の磯の口開けがありました。取っていいのはヒジキ以外の海藻類など。今回は磯海苔をメインに、フノリ、マツモを取ってきました。海苔は予め細かく刻んでから海苔簾に均等に広げて、天日で乾かします。海苔を掛ける仕事をしていたら、やろっこもやりたいと言い出したのでやらせました。だてにじーっと見ていた訳でもないようで、意外と手つきが上手い。ただし、四隅から攻める手法は未だ掴んでいないようだ。 『何たって...
『おとうさん!大変よ!またジャイが』『何々!!』『な~~んだ』驚いて行って見ると、風呂焚きをしていた背後から静かに進入して、ちゃっかり火吹き竹で遊んでいた。『写真撮らなくいいの』『ああ、そうだな、折角だから撮って置くか』『ジャイだな~~』ちょっと目を離すと火吹き竹をくわえる。それも何故か逆に・・・口の周りは泥棒髭。髭が付いたらどこかで見たような顔。『おとうさん!写真撮っただけで、顔拭いてあげてない...
家族4人で石巻へ行った時の事、助手席のやろっこが下りカーブカーブの途中で『スピード出せ!』と繰り返して言い出した。『何で?』『だって看板にスピード出せって書いてあったよ』と『ははは』『あれはねスピード落せって読むんだよ』『え~だって漢字の下が せ だから、出せだよ~』と譲らない親は大笑い、やろっこはテレながら苦笑い。ジャイ丸は何の事やら・・・・ひらがなとカタカナは殆どマスターしたやろっこ。度々目に...
確定申告の小技と小ネタ1、受付表の4番と9番は縁起が悪いので書かない。(結構皆さん信心深い)2、でも縁起を担がない人はちゃっかり記入するが、書いたということでもめる。3、上位に書くと開始時間に来なければならないので、5~10番空けて書く人がいる。4、後から来た人は空白になっている部分に誰かが書くと自分の順番が遅くなってしまうので、空いていたら斜線を引いて書き込み禁止にする。(なるほどその手があるか...