welcome-image-photo
某月某日 朝の便は波のため長渡港は欠航で、網地からのみ出港車で網地の港へ行き、船が着くまで防波堤で時間をつぶす前にはびびっていたテトラを渡れるようになりました歌いながら歩く『お~い、船が来たぞ~乗り遅れっぞ~』『下りられないよ~たすけて~』下りる場所が分からずべそ&白旗(ちなみにお母さんは未だテトラポットを渡って歩けないので、この点では母親を越えたようだ)にほんブログ村...
『おとうさん、きょうは夕日が綺麗そうだよ』『おお今日は夕日が綺麗らしいから、見に行くぞ~車に乗れ~』時間が迫っていたので根組の浜に行ったけれども、山の陰になって見えないので夕日を求めて更に網地へ向った(太陽が沈む位置は冬は南によっているけれども、夏は西に沈みますから、根組から夕日が沈むのが見えるのは秋冬で、夏の夕日は見えないのであります)『急げ急げ~』『んん~~ん、遅かりし~』朝焼けや夕焼けを見た...
シーカヤック体験に親子で参加するケースの場合、親御さんがシーカヤックをしたいので序に連れてきたという例は少なく、殆どの場合は子供に体験させたくて一緒に来た、というケースが多い。 でもこのパターンの場合の子供は、あまり乗り気でなかったり、二の足を踏んでいるのが多いが、まあ親のある意味勝手な計画で連れて来られた訳だから、乗り気でない気持ちも理解できる。 こんな時はどんなに説得しても無理なので、興味を持...
カヤックの体験ツアーは6月から始まっていますが、海開きと同時に賑わってきました。 網地島研究所のカヤックも4年ほど前からテレビなどにも取り上げられてきましたが、去年は旅行雑誌の「じゃらん」の特集に登場しました。『隠れたリゾート』のコンセプトで、若いカップルをイメージした内容で載せたせいでしょうか、申し込みや問い合わせの殆どがカップルでの参加でした。なのに今年は何故か申し込みや問い合わせの多くが小さ...
網地島も昨日今日はびりびりと暑い日ざしが照り付けています。でも夜になるとガンと涼しくなりますから、助かりますね。朝方なんかは寒いくらい。何もかけていないと、風邪を引きそうなくらいです。ムカデは嫌だけど、やっぱり島は快適です。さて今日は海水浴場の海開きが行われなした。これで堂々と泳いでも変わり者扱いはされません。海の家「海吉」さんはほぼ完成で、明日から営業開始出来る様です。焼き鳥に生ビール。早くゴク...
先日の日曜日に毎年恒例(好例=×)の網地白浜海水浴場の浜掃除が行われました。マイボートやチャー船、定期船を使って、島外からも多くの方々が参加してくれました。ありがたい事ではあります。  砂浜に打ち寄せられたゴミは、船や近隣の地域から投棄されたゴミが流れ着いたものもありますし、地元の人が投棄した生活ゴミなど様々。漂着ゴミの中には、ハングル文字が書いてあったり、首都圏近郊の都市の名が入った、ブイや構築...
毎年の事ながら泥縄ですが、網地島ラインの夏ダイヤ(7/18~ 8/16)がやっと公開されました。夏ダイヤ 月~金曜日の平日http://www12.ocn.ne.jp/~ajishima/summerhei.htm夏ダイヤ 土日祝日お盆http://www12.ocn.ne.jp/~ajishima/summerkyu.htm何はともあれ取り急ぎご報告まで!...
以前にも書いていますが、今年もタダの鰹が島の住民に振舞われました。移住して来た人も多くなってきて、タダの鰹の由来を知らない人も増え出しましたが・・タダの鰹の意味は→こちら 鰹を獲っている様子は→こちら防波堤の沖に停泊している母船から、小さい船に積み替えた鰹は、桟橋近くのグレーンで吊り上げられコンクリートの上に荷下しされます。荷揚げ途中の「待て!」の状態美味い鰹を選ぶポイントは、冷凍の場合は大きく口...
病院から飲み薬と塗り薬を貰う。塗り薬も体の前面は手が届くけれど、背中は手も目も届かないので、妻に塗ってもらう。(一人身でなくてよかった~を実感)2回目の夜、相変わらず痒ゆくて夜が長い。2日目の昼、ウニの口開けの放送。『まいったな~この背中で潜って、もっとひどくなったらなったらどうしよう・・・・・・・』病院は休日なので相談も出来ず、思案の為所。でも口開けは一緒に行く相手もいるので、取り合えず普通に準...
いや~まいったね夜寝る前に背中が痒いのでポリッと掻いてたら変な触感。あれっと思い首を可動範囲外まで無理矢理回して鏡を見たら背中じゅうに物凄い数のイボイボイボ・・・・例えて言えば、放射冷却が起こるような、雲ひとつ無い真冬の夜空に、無数に光る星の様に、或いは背中がプラネタリュームのスクリーンにでも成ったかの様に、もんの凄い数の赤いイボイボが背中を埋め尽くしている。(てな洒落たもんじゃなかったですが、と...
これが うみの おすなばか~恐る恐る入る水の抵抗で足を取られて倒れそうに成るが、踏ん張ってリカばるん~ん このほうが あんぜんだそれにしても このみずは しょっぱいな~お兄ちゃんやろっこは海を怖がって中々入って行きませんでしたが、じゃいは躊躇うことなくどんどん入り、転んでも浸かっても怖がらず泣かずチャレンジします。同じ兄弟でも全く逆。やっぱり個性ですね~流石じゃい丸!にほんブログ村...
午後から体験ツアーの予定がありましたので、運搬兼子守でやろっことカヤックをしました。一人で乗ると豪語していたので、一人で乗せてびゅーんと押してやりました。1人で乗るのは2年目なので大丈夫かな?・・・と思い初めは操作できず若干パニックになっていましたが、数分で前進が出来るようになりました。大人用の230センチとパドルは長いですが上手に操るものです。子供は自分で操作の仕方を探し出しますから、難しい説明...
市町村合併による余波で、2006年に牡鹿丸が廃止になりましたが、それ以降旧牡鹿丸の時刻で運行していた船会社の倒産や原油の高騰などの影響で状況が激しく変化し、網地島の離島航路は不便を強いられてきました。 あれから3年間、国・県・市の折衝、陳情、役所・船会社・田代網地島の住民が参加した会合が繰り返され、念願の旧牡鹿丸が運行していた時間帯でのみゅうの運行が条件付で認められ、7月5日からは網地島ラインが通...
鮎川に船で渡ったらその後は車で行くのですが、たまには気まぐれで歩くことも有る。『この前開発した新しい道を歩いてみるか?』『うん』いつも車でびゅーんと走る道を横断し、細道に入る。『へ~凄いね、これどこ行くの?へ~どうやって見つけたの?』朝から興奮気味である道路の真ん中でかなげっちょを見つけて追いかける島であう森林組合の人達とあって挨拶をする『おはようございま~す!』『おっ、おはよう。何だ今日は、どこ...