welcome-image-photo
甥っ子のブログに貼ってありました数値を10にしたり20にしたりと柔軟に変更したり、害があるのを風評と言い換えたりしているのは、この話の中と同じ。10年後、20年後・・・反省しても謝っても取り返しはつかないBGMの最後に鉄腕アトム。アトムは原子。鉄腕アトムは核融合のエネルギーで10万馬力のエネルギーを出す。高性能な感情型ロボットもアトムと同じ設計図から作ったアトラスが近づくと共鳴して誤動作や暴走をす...
水没している長渡港から出港~左前方からの向かい風に加え、左から右に流れる潮に逆らって漕いでいるので、徐々に徐々にコースが右側にずれる。前方に見える鮎川港に中々近づかない・・結局1時間かかって鮎川へ到着。手がビリビリに成る程懸命に漕いだお兄ちゃんやろっこは、かなりバテ気味。造船所の前のスロープで着替え。瓦礫除去の皆さん、ボーリング調査のおじさんがた、驚いたり微笑んだり笑ったり・・・。ヤックのハッチか...
以前にも書いた猫この日は午後の便の船の時間に現れました。折返し運転で殆ど数分しか係留してなののに、来るんですね~...
震災前こんな感じだった場所が満潮になるとこんな風になっています勿論桟橋が水没すれば待合室前も水没で係留している船と岸壁の境が分かりません鮎川港は市場前でかさ上げ工事中網地港もかさ上げ工事に着手しましたさて長渡港は~?...
救援物資を辞退した事もあり、日々の食料品が手に入らなくなる人も居るとの事で始められた『復興市』。儲けは二の次、三の次のお値段設定ですので大盛況です。...
本当なら6月から鮑の口開けやウニの口開けが始まっている時期なのに震災で当分の間は漁も休み。海中のウニや鮑がどうなっているかもあるけれども、鮑をとったとしても買い取り業者が付くか?(買い取り業者も被災している)→ 運良く買い取りが有ったとしても、購入する消費者が居るか?(こんな時期に高価な鮑は買わないだろうね)→ たとえ買うと言う消費者が居ても放射能の検査をしないとたとえ近隣地域で放射能が未検出として...
5月に行われていた漁業施設の復旧作業の一次事業が終了し、現在は漁場(漁業資源)復旧の二次事業が継続して行われています。一次の漁業施設の復旧は、漁業者や一般者の参加型で、港湾や漁業施設の瓦礫除去を主とし、岩手・宮城・福島の東北3県で国から30億円の資金を受け行われていた。30億円と言うとかなりの資金の様な印象を受けますが、3県の中に存在する漁業者の人数は膨大ですから、その資金も間もなく底をつき2週間...
鮎川漁港のかさ上げ工事(仮設の桟橋)の工事が始まっていますが、6月7日からは型枠へコンクリートを流す工事が始まりました。仮設の桟橋は2ヶ所に出来る予定で、残りのもうひとつは造船所がある近くに設置するとのこと。両方が出来上がるのが1学期中とのことなので、初めに着手したこちらの部分はもっと早く仕上がるのではないかと期待しています。さて先週末から仙台放送の取材が入っておりました。前にも書きましたが、5月...
先日の台風。家屋などには大きな被害がありませんでしたが、畑の作物へ大きな被害が及びました。震災以降移動販売の車も来なくなり、生鮮食料品や日々の食料品を手に入れるのが難しくなった島では、多くの家庭が例年以上に気合を入れて畑の作物を作り出した矢先の出来事。やっとの事で手に入れた苗も植えた直後に塩分を含んだ横殴りの強風の洗礼。泣きっ面に蜂です。畑のダメージはかなり大きかったのに、震災でもめげなかった島民...
長男(やろっこ1号兄ちゃん)へ山形の小学生から手紙が届きました。あて先は「みやぎ県いしのまき市あじ島の小学生さんへ」で送り主は山形県酒田市の「テレビを見た小学生」との事。5月10日に首都圏ローカルで放送したフジテレビのスーパーニュース「闘う“東北のハワイ”石巻・網地島の現実」を見た小学生からの手紙でした。放送は5月10日フジテレビの首都圏ローカルスーパーニュースで「闘う“東北のハワイ”石巻・網地島の現...