welcome-image-photo
震災以降初めてブルーライナーが長渡に接岸しました久しぶりに早朝の桟橋が賑わいました『長渡に船が着くと、元に戻ったみたいだ』とあちこちから聞えていました。桟橋が完全復旧するまでは更に2年かかる見込みとか・・・「みゅう」は鮎川の接岸問題が解決すれば直ぐにでも就航できるらしいですが難航しそう・・・まあそれにしても石巻航路が2隻体制になったので石巻滞在時間が長くなり、いろいろな面で島の生活の不便解決につな...
12月から網地島ラインの時刻と発着場所が変更になります。詳しくはこちらをご覧下さい。...
桟橋の左側に「みゅう」右側に「マーメイド」が着岸。実は両船とも長渡港への接岸は震災以降初めての事。と言うのも鮎川~網地島間の航路の再開の準備として航路の点検と桟橋の接岸の下調べの為の航行で正式に運航開始をした訳ではない。鮎川航路の再開は網地島島民が最も期待している事柄だが、遅々として進まない要因は鮎川港での係留に関わる問題。と言うのも鮎川港は被災した港の中でも一挙に2箇所をかさ上げしたが、利用する...
漁港は生活港でもある/離島航路は生命線石巻市震災復興基本計画の説明会が公民館で実施された。殆どの内容は本土での復興計画なので問題なく淡々と進行したが、その後の『離島の今後について考える意見交換会』が始まったとたんに会場は一気に賑やかに(騒がしく)変化した。やはり問題の核心は港の修復と離島航路の問題。港の修復が終わるのは2年半から3年後なのに、震災で被害を受けた船を対象とした新船が完成するのは数ヵ月...