welcome-image-photo
街の街路樹も色づき始め我が家の庭の木々も徐々に紅葉をはじめました。ならば山はもっと綺麗になっただろうと、ふらっと鳴子の紅葉を見に行く事にしたら、道路がえらい渋滞になってまして、何もこんな時に強行する必要も無いだろうと言う事で途中でコースを変更し岩出山で蕎麦を食べて帰ってきました。寒くなってくると太陽が低い位置からあがってくるようになり、朝日が前のお宅のイグネの中から登ってそのまま低空飛行をしますの...
10月20日 約1ヶ月半ぶりの網地島 行きも帰りもダブル台風が再接近するタイミングの便なので、かなり揺れました。何かにつかまってないと飛ばされそうな位でした。島に着いてから色々な人に『何か変わった事は』と聞くと、皆さん『何にも~』の答え。以前は毎週行っていたのに、この時は約1ヶ月半ぶりだったので私的にはプチ浦島太郎の気分でしたが、1ヶ月半位じゃあ何にも変わらないのです。そのまた一週間後たまった仕事...
宮崎といえばカメムシ。古川や中新田には殆どいないらしいですが一番多いのがこの↓タイプ。一匹でも強烈に臭いのに、2階の西の部屋に30~40匹、2階の東の部屋に5匹前後、二階の廊下に5匹前後、1階西の部屋に10匹前後、縁側のガラスに又10匹くらい。トイレに5匹、風呂に3匹、台所に10匹弱、カウンターに3匹、リビングにご覧の通りの数・・・こんなに居たらさぞかし強烈に臭いと想像するでしょうが、刺激を与えな...
秋になって家の周りはキノコだらけ庭中にニョキニョキ生えてきますこれは以前にも書いた【ササクレヒトヨタケ】食用可能で美味、更に高級キノコらしいですが今のところ観賞対象種このキノコはやたら出てきますが、何となく怪しい・・・一見【ハタケシメジ】風ですがそうではないらしいです知り合いに見てもらったら【ツツモタケ】とか言ってましたが多分植物方言だと思うので本当の種名は不明。食べられるか聞いたら『何言ってんだ...
向かいの墓地の駐車場に掲げてある看板の足元に更に小さいこんな案内板「UFO CAMPユフォーキャンプ たしろ」と書いてあるこれを見たお兄ちゃんやろっこは”UFOが集まってキャンプをする”と解釈し、田代高原にUFOを見に行こうと、しつこく催促した。もしUFOがキャンプをするのだとしたら、宇宙人が誰に対して書いた看板なのか?・・・(あの字はどう見ても地球人の、そして日本人の字だ)『宇宙人がカタカナ書ける...
町からの帰り道。いつも同じ道路を通ったり、行きも帰りも同じ所を通るのは芸が無いので、時間の許す限り別の所を通る事にしている。迷ったりしながら徐々に道を覚える効果もあるが、先日はその逆。初めての道路にチャレンジしたら道はドンドン狭くなり、砂利道になりやがて擦れた「鳴子まで4Km」の案内板・・・砂防の看板を良く見たら、我が家を背にして走っていたようなので、素直に引き返した。幼稚園の帰りに通るコース。こ...
屋根に化けたってバレバレだぜ...
黄金色の稲穂の中田んぼと畑を2分して走る田舎の一本道いわゆる『カントリーロード』の道路の突き当たりにあるのが何と『カントリーエレベーター~』であるから・・・・...
下の子のじゃい丸が幼稚園で動物園に行った。『おかあさん、これたぬきだよね』『ええ、そうよ』『あのさ ときどきどうろでひかれて ぺっちゃんこになってる あのたぬきとおなじ?』『まあそ~うね・・・』『あっ!くまだ』『おかあさん、このくまはさ おじいちゃんが てっぽうで ばあ~んとうってるくまとおなじ?』『多分同じ種類ね』『はくびしんだよ』『これわるいやつなんだよね。うちのとうもろこしたべちゃうんだもん...
島に居た時には年に1~2回しか目にしなかった虹を、宮崎では頻繁に見る。まるで虹の大安売りのようで、ここではもう珍しい自然現象ではない。でも何故こんなに虹が出やすいのか?殆どの場合山形県境の山を背にして虹が出る。この地域は県境の山から雲が湧き出しコロコロと天気が変わる、いわゆる山の天気。地元で【しぐれ】と呼んでいる天候は、急に雨が降り出し程なく晴れる現象。慣れない頃は雨が降ったといっては洗濯物を取り...
引越し荷物を片付けていたら「ジャズ大名」の映画のプログラムガイドが出てきました。ジャズ大名は1981年初版の筒井康隆「エロチック街道」の中に納められた時代劇小説。幕末を舞台にした中編小説で、翌年NHKのラジオ番組で放送され、更に1986年に映画化されると言うハイスピードでメジャーに躍り出た作品。その放送はしっかりと録音してありますが、数日前試しに検索してみたら、何と動画サイトにアップされていました...