とある1日

 23,2012 19:15
12-12-20_1.jpg
今日は島へ日帰りしなくてはならないので何時もより早起きして雪かき。
『おお~お隣の重機に負けたな~』

12-12-20_2.jpg
こちらはスノーダンプとスノープッシャーと呼ぶらしい道具を使い人力で雪かき

12-12-20_3.jpg
雪かきを終え間もなく9時出港の船を目指し出発

12-12-20_4.jpg
家から10キロも走ったのに圧雪

12-12-20_5.jpg
更にテロンテロンのアイスバーン&激しい逆光

12-12-20_6.jpg
1時間くらい走り続たらやっとシャーベットの路面になりました
(南国生まれの南国育ちにはキツイ工程です)

12-12-20_7.jpg
石巻も島もポッカポか
(同じ県なのにこんなにも違うんですね)

12-12-20_8.jpg
今回は島内循環のバスで移動
(料金は一律100円です)

12-12-20_9.jpg
屋外のテレビアンテナの修理で来ました。
(所謂アフターサービス、この画像もそのお宅の屋根の上からの図です)

12-12-20_10.jpg
その屋根の上からお隣の柚子の実が見えましたので
『柚子ちょうだ~い!』ともらいに行きました。

12-12-20_11.jpg
ちょっと小ぶりですが数で勝負・・・

12_12_17_IMG_4452 (9)
長渡ではアワビ漁の予告放送がありまして準備が始まっていましたが、
帰りの出港地の網地の浜でも同じ様に明日アワビ漁があるらしく、こちらも
漁の準備をしていました。

12-12-20_12.jpg
帰りの船は西風が強く吹き出したのでもしや欠航と焦りましたが、定刻で
出港。船にはお客さんが2~3人のみ。
(明日アワビの口開けって言うのに島から出る人も居ないはずですね)
西風が強く吹くと翌日は凪と言うのが島での常識
(この調子じゃあ明日は開くな~と言う感じ。前には極寒?の海に決死の
覚悟で潜っていましたが、引越しして漁業権を失ったので、もう清水の舞
台から降りる覚悟は必要なくなりました・・・)

12-12-20_13.jpg
朝降った雪が融けたと安心して走っていたら、家の5~6キロ前から吹雪

12-12-20_14.jpg
3キロ前から圧雪

12-12-20_15.jpg
1キロ手前から猛吹雪&圧雪&バリバリの凍結ワダチ
我が家の立地条件の凄さに思わず笑ってしまいました
(人間は物凄く大変な状況になったり想像以上の事が起きると笑う
 メカニズムになっているとか)
ともあれ長い道のりですな~
関連記事

Comment 0

Latest Posts