私は考えるネコである 昨日が前で明日が後ろ

 01,2013 21:48
IMG_4732.jpg
 私の後ろには過去があり、私の前には明るいかもしれない未来がある。私の後ろには未来が無く、私の前には過去は無い。やっぱり昨日は自分より後ろにあり、明日は前にあると考えるのが妥当。なのに以前居た場所が自分に後ろに存在するもにも関わらず「前に居た場所」と言い、これから先に進むのに「このあとの場所」と呼ぶ。

後ろが前で、前があと。

 同じ様に昨日の事を前の日と表現し、明日の事を「後(あと)の日」と呼ぶ。過去を振り返ることを前の事を振り返ると呼び、未来の事をあとの事を考えると言う。
 自分の数メートル後ろの場所を「前に居た場所」と言い、自分の数メートル先を「後数メートル」と呼ぶ。一体物理的な前と後と、時間経過の前と後ろの表現が何故逆になるのか。

前とは何か?分かるような解からない様な、解からないようで分からない・・・そして私は何処から来て、何処に居るのか、そして何処に向かっているのか・・・頭を丸めて出家して考えます!
関連記事

Comment 0

Latest Posts