頭上注意!

 19,2013 22:39
IMG_4864.jpg
建物の前によく貼られていますが

IMG_4863.jpg
それを貼るくらいに危険なのです
そもそも建てる時に落雪の危険が無い様な屋根の構造には作っているみたいですが、幼稚園なんかは更に虎ロープで厳重にしています。

SH340083_20130118222109.jpg
雪が降る場所での生活ではこの落雪で不運にも怪我やもっと悲惨なことに遭う場合もあるのですが、私なんかは豪雪地初心者なので、軒に張り出した雪や牙をむいたような氷柱がくっついた氷の塊に気が付かないで平気で通っていたりして後から気づいてぞっとしたりしています。

外で雪はきをしていたときに、2階の屋根の雪が音を立てて1階の屋根に滑り落ち、更にそれが1階の屋根に既にあった雪を巻き込んで地面に落ちる様を目撃しましたが、その豪快な様はまるで氷山が崩落するのを想像させました。

でもこれを家の中で体験すると大変。『ぐぐぐ・・・』と音がして、家が微かにきしんで地震かと思うと『ごぉ~~ドスン!ドスン!』と続く。まるで屋根が潰れて天井から雪が降ってくるのではないかとさえ思えてしまうのです。(これを夜中の寝ているときにやられると肝をつぶします)そんな訳で屋根の雪下ろしをしました。

所変わると色々デメリットも多いですが、若干メリットもあります。例えば雪が深いので水道が凍結しづらいとか湿度が高いので静電気の「バチッ!」が無いとか、水が豊かなので断水が無いとか餅米が美味いとか・・・

贔屓目に見ると平等に出来ているのかもしれませんね。
関連記事

Comment 0

Latest Posts