宅急便なら北海道~九州間よりも高い運賃

 31,2007 00:12
私の本業は電器屋さん。お呼びが掛かれば島から他に出向く時もあります。先日も32インチのハイビジョンTVをお客さんに収めるために朝の船に向かいました。

桟橋には丁度久丸が長渡に着いたばかりでしたが、荷物の積み下ろしも有りそうなので、はやぶさに乗船。荷物代が気になったのですが以前の牡鹿丸だったら250円か300円位だったので高くても1、000円くらいかと覚悟していたら、鮎川に到着後事務所に通され3、150円を請求されてしまいました。

テレビ1台が3、150円?!
この金額はもしかしてブラウン管の重いテレビの時期に決めた金額ではと思い問い合わせてもらいましたがブラウン管タイプも液晶タイプも同じとの事。2人でやっと運べるような50Kgもするテレビと軽く一人で持てる20Kgに満たないテレビが同じとは???
運賃表
島に帰ってから待合室にある運賃表を見るとサイズ運賃では460~690円、重量運賃を当てはめても460円位の金額に成るはずなのですがかなりかけ離れている。実は備考にも有るように家電品の金額は別に設定してあるのです。この事は以前より知っていたのですが余りその機会がなかったので調べもしていませんでした。

それにしても、あんなに重いバイクが1、260円、30Kgの米が430円、59PSの船外機のエンジンといったら相当重いのに1、580円にしかならない。他のと比べると金額に相当の開きがあるので船会社に直接電話を掛け聞いていました。何で20Kg位の重さで150サイズくらいの箱が3150円なのかを。

電話に出た方も家電品だけが別料金に設定されている根拠はご存じない様子で、回答をしている様なのですが全く的を得てない。こちらとしては決まっているのを払わないとか法外な部分を返却して欲しいとか言っている訳ではないので、納得する理由を聞きたいと話していたのでしたが、途中で一方的に電話を切られてしまいました。伝票を見れば誰だか分かるのにその後は何の音沙汰もありません
そもそもこの会社の石巻~網地島間の運賃は人も荷物も高いと感じる人が多い。だからガスや建材や工事材料は恐ろしくて頼めないので、石巻からではなく鮎川から久丸で運ぶことが多いと言うか殆ど。チャーターをした方がはるかに安いのです。

また買い物や仕入れの荷物で手荷物が多い時も手荷物料金の事があるので鮎川から乗る人はこの船会社を避ける傾向にある。網地島への船、夏は賑わって定員一杯一杯にもなりますがそれは僅か1ヶ月間のみの事。後の11ヶ月は殆ど島民しか利用しない。島に住む者にとっては掛替えの無い存在な筈なのに、その評判は地元でもあまりにも、、、、。

私のHPでは昨年10月から始まった牡鹿丸廃止に伴う離島航路の事を改正ではなく改変としていますが、それはある人に改正では正しく改めると言う意味になるので適正ではないのでは?と助言されたからでしたが、正しく昨年10月からの鮎川便は随分様変わりしました。
関連記事

Comment 0

Latest Posts