ガンジェを久しぶりに食べたような微かな記憶・・・

 02,2016 10:04

先日古川のスーパーでウニが売っていたのに出遭って買ってしましった。時節柄テレビに生うにを食べるシーが映ると『ガンジェ食いてー』と子供たちも言っていたし、棘もまだ動いている新鮮な状態なのでつい魔がさして・・・

手に取るとずっしり重く、口の部分も棘の状態も生きが良いようなので、買いはしましたが、中の身の部分は一個あたり5本、3個買っても5×3で15個。家族4人で食べたら一人頭3本ちょっと・・・・

この殻付きウニ3個の値段は漁業権を持っていた時に換算したら、殻付きウニ30Kg位の価格。島にいたときは40~60キコ位採っていたからそれと比べると、真っこと馬鹿らしい値段だけど畑にも田んぼにもウニは生えてないからしょうがないですが、でも島の人の耳に入ったら確実に笑われますね。

子供は勿体なさそうに一つつまんで口へ入れると『がんじぇうめ~』と雄たけび。2本目はご飯に乗せて、醤油をたらり落とし口へ運び、再び『がんじぇうめ~やっぱり醤油だ~』と確信したように・・・続けて>『どんぶりのご飯が見えないくらい乗せたガンジェごはん、又食ってみたいな~』と今度は悲しそうに呟いた・・・

鮎川出身の「ほんまちゃん」も『あっついご飯さ、がんじぇたっぷり乗せて、ズブズブって食いで』ってテレビで言っていたのを以前見ましたが、やっぱガンジェはその位ボリュームで食べないと食った気はしませんよね

やろっこ2号のじゃいタローも兄ちゃんの様子を見て、初めてのウニを食し、『こんなうめえもん、食ったことが無いずら~』とウニ大好き妖怪が瞬間で憑りつく。

島にいたら上手いウニや魚やアワビを腹いっぱい食えるし、きれいな海で何時でも泳いだり、カヤックも出来たけど、まあしょうがないはしょうがない。

本日の気温は30度、ヘルメットをかぶって2,3キロさきの学校のプールにキコキコ向かいました。
『熊だの猿だのイノシシだの車だの気をつけろよ~』
(島だと自転車でも徒歩でも学校に行けないもんね・・・・・・)

関連記事

Comment 0

Latest Posts