あって欲しくない逆転

 23,2007 06:11
IMG0005.jpg 前に借りていた家は庭に小さな畑や井戸があったり植木もあった。そこで自転車も乗れたし洗濯物もヒジキもフノリも干せたけでど、今のところはそれに比べたら正にネコの額の様な狭さ。
 屋敷自体が狭いので部屋の広さもやり繰り出来なかったようで、トイレも狭いし3畳と言う使えない部屋も2つある。そんな事情だから庭までは何ともならなかったのだろうがかなり狭い。まあ無いよりはましって感じ。
 以前はこの場所に洗濯物を干していた様ですが、2階にテラスを造ったのでこの場所はフリースペースになった。狭いながらもこの場所でヒジキを煮て洗ったり、シイタケのホダ木作りをしたり、はたまた薪割りをしたり、今はカヤックの補修をしたりしている。しかし、その程度の広さなのでその都度片付けないと足の踏み場が無くなってしまうのだけれども、それなのにやろっこがこの場所で船の綱とりの真似や板を斜めに立てかけ滑り台遊び等をしてくれるので更に混雑してしまいます。

しかしこの家は日当たりは良い上に風が殆どあたらない。冬暖かく夏涼しい。桟橋には近いし漁協・商店・郵便局が近くに有るという好条件。浜の近くの辻にあるので日中は人通りが多いが夜は完全にシーンとしている。以前住んでいた所は夜な夜なの騒音に悩まされたが、そんなものも無いので天国の様なもの。庭が狭い何て不満はバチが当たります。

更にこの家に越してきてからは仕事も順調でいい事尽くめ。好条件の立地条件に建つ家は同時にいい家相と言うことに成るのかもしれませんね。人の不幸は蜜の味って言いますが、面白くない話でした。
 でももしかして逆転の落ちがあったりして、、、、?一応念のため心の準備だけはして置くことにしましょう。

関連記事

Comment 0

Latest Posts