台風の被害はこれだけですが

 08,2007 22:09
070908.jpg台風が通り過ぎ波も静まったので、生かしておいた(飼っていた?)我が家の鮑を見に行きました。やろっこに『今晩は鮑か?』何て良いながらその場所にたどり着いたら、、、。
 カゴは有ったのですが、蓋がはずれていて中身が空っぽ。やろっこは海面めがけ『あわび~!』と大声で叫び、『おろうさんとっときてよ~~!』と責めるし、もうがっかり。

(あ~こうなる前にチャンと蓋を縛って置けばよかっただの、味噌漬けにしてしておけば良かっただの、後悔しても後の祭り。まあ台風の被害がこれだけで済んだと思えば、良いのだろうが、それにしても残念。ああ~10Kの鮑が~、、、)

家に帰って『鮑のカゴあったよ~』って妻に言うと『よかった~♪』と言うので、空かさず『でもカゴの底だけね』と答えると、全部と聞くので全部と答えたら、『あ~あ、今頃は去年の秋に獲ったお父さん鮑と今年の夏獲った子供鮑が感動の再開をしてるんだ。もしかしてお母さんも親戚も一緒かも知れないな~へ~良かったね~』だと。ほ~そう言う考えも有るか。
 確かに獲った場所は離れているけれども、波に流されて感動の再会をしているかもしれない。でも今度は悲しまないように家族親戚一同丸ごと獲ってやるからな~待ってろよ~~!  

ブログランキング「地域情報・東北」に参加しています
関連記事

Comment 0

Latest Posts