口開け2回目は時給何万円に?

 13,2007 23:25
imgAWABI.jpg
先日2回目の鮑の口開けがありました。前日の波浪予想では波高50センチという、稀に見るベタ凪の予想でしたが、場所によっては時折1メートル程のうねりも打ち寄せていました。まあでも風が殆ど無いので、これ以上贅沢は言ってられません。

予告2回目は中止の放送も無く、予定通り開口。途中のポイントで1人を船から降ろし、別のお目当ての場所に行くと、既に大型のエンジンを搭載した船はポイントに到着して潜っていました。

波が静かな場所を選んで錨を下ろし、潜る準備をしながら、敵情観察、、、。
でも人数が多い様なので、少し離れた場所へ泳いで移動。
(漁の場合は大人数で和気藹々と言う訳には行きませんので)
他の人が居ない、波乗り出来そうな位の大きな波が、時折続けざまに通過する場所で潜ってみたら、鮑もまあまあの量有るように見えたけれども、流れが速くて中々獲物に到達できません。

体が流されないように片手で海藻や岩につかまり、あいた片手で鮑を剥がしますが、やっとこ鮑を岩からはがしても手から離れてしまうと、その途端に何メートルも流されてしまいます。でも遠くに流された鮑も帰す波で直線的に戻って来るので、腰のヤツカリ(網の袋)の口を構えて捕まえ事も出来ますが、効率も悪いし体力も消耗しそうなので別の場所に移動。

今度の場所は波は静か、透明度も高い、量も大きさも充分ですが、でも水深が深い。かなり、、、、。

こんな時息が短い私は、より長い時間潜って居られるように自分に暗示を掛ける。『俺は魚だ。魚だ~』と。でもダメな時はゆっくりした童謡を頭の中で歌う。これはリラックスするので結構効果がある。

11月はスーツを2着買いました。1着は礼服でもう1着はウエットスーツ。(ウエットスーツだってスーツですよね)礼服はさて置き、ウエットスーツ代金の元は1回目の口開けでとりましたが、2回目では大きくプラスに転ぜねばなりませんので、こんな事をしながら潜っているのでありました。   ブログランキング「地域情報・東北」に参加しています
関連記事

Comment 2

2007.12.15
Sat
00:34

やろっこの父 #-

URL

でもこんな事をしているので千円札を剥がすのが疎かになってしまうのですね。ははは。

編集 | 返信 | 
2007.12.14
Fri
23:25

小国寡民 #-

URL

マルチ人間とはきいていましたが、水中撮影、たいしたものですね。モルジブ・セイシェルの観光ビデオより、ずっと迫力があります。アワビでなく、千円札を岩から引っ剥がすのだと、いう位ですから、当然といえば当然?!

編集 | 返信 | 

Latest Posts