同じ兄弟なのに

 04,2008 08:00
2004.jpg
『私はこれで会社を辞めました』ってのが昔のTVコマーシャルに有りましたが、この手はそれとは関係ない、生まれたときの、やろっこ兄の手。

父親に似て指が短く手の甲が厚い労働者系の手でしたが、やろっこ弟はこれとは反対に指は細く長くて手の甲の薄い、文系の手。

やろっこ兄はミルクの飲みがギネスブック級に早く、100ccであろうが180ccであろうが、3分台で飲み干したが、それに引き換え弟は遅く、40cc飲むのに15分も20分も掛かる。80cc飲み終わるまで途中で何回も居眠りをしてしまい、下手すると腹を空かしたまま眠ってしまう。(夜の授乳も何時終わる、、、)

やろっこ兄はげっぷが上手だったが、ミルクも良く吐いた。だからごくごくと一気に飲み干したかと思っていると、ゲップとともに飲んだばかりのミルクを、マーライオンの噴水の如く、豪快に吐き出した。着ているものはしょっちゅう着替えさせていたし、首の周辺は常にチーズ工場の臭いが漂っていた。


それに引き換えやろっこ弟はマーライオンの真似はしないが、ゲップが上手でないので、腹に空気が溜まり、玉子を飲んだ蛇と言うか、まるでツチノコ状態に腹がパンパンに膨らんでいる。いずれにしても2人とも極端すぎる。

兄は小さな音でもびくりとして起きたが、弟は少々の音には動じない。多分耳元にミサイルや隕石がかすめ落ちても眠っているだろう。兄のあごは一休さんの真衛門さんのように割れているが、弟は、、、、、。

同じ兄弟なのに比べれば比べるほど真反対なのが可笑しい。
関連記事

Comment 0

Latest Posts