まさか目に来るとは思いませんでした

 08,2008 09:02
4月からやろっこの入園が始まったり、私が目の病気になったりでゴタゴタしてましたので、ブログの更新を滞らせていたら、友達が心配して連絡して来ました。
 『元気が無いのが無事な証拠』が我が家の主義なのですが、若干ご心配もお掛けしているようなので近況をおばかきます。

実は3月26日の夕方に急に視界に閃光が走り、左目にゴミのような影が出始めました。そのうち治るかと思っていましたが、寝ても治まらず、不安に思い病院に行きました。眼科で診てもらったら【膜裂孔】との事。簡単に言うと、目の奥の明るさを感じる網膜の部分に穴が開いたのです。
 穴と言っても1ミリ程度の穴なのですが、かぎ裂きの様に成っているので、ペラッと剥がれて網膜はく離になる可能性が高いというので、すぐにレーザーによる手術をしてもらいました。

手術と言っても15~50分くらいの時間で終わる内容ですが、如何せんレーザー光線が当たる面積は120マイクロ程度のサイズなので、1ミリと言えども患部には何回も何回もレーザーが照射されます。その様子はまるで眼球内でスターウォーズの宇宙戦争が始まったような感じです。

で肝心の穴は一ヶ所なのですが、このほかにも剥がれそうな長い部分が横たわっていたので、一緒に治療してもらうことにしましたが、レーザーが発射される度にその回数分だけ、眼球内に眼科医院長操る宇宙航行母艦からレーザー光線が発射され、眼球内では季節外れの大輪の花火が豪快に花開きました。(殆ど痛くないけど耳に変な感じがしたのと妙に熱い感じがした。勿論玉や~!何て掛け声も出しません)
という訳で無事手術も終わり、10日間ほど過ぎましたが、目の方はきわめて順調です!


尚、あぢしま的生活及び網地島研究所は「政治・宗教・闘病ネタ」は極力避けておりますのでこの件に関したTB及びコメントはお受けしませんが、私の様に視界に虫や糸くずがの様な影が見え出す飛蚊症(ひぶんしょう)と呼ばれる症状に心当たりの方は下記HPをご覧頂くことをお勧めします!
飛蚊症info http://www.hibun.info/
関連記事

Latest Posts