今年のひじきは

 14,2008 08:58
ひじき煮延期が続いたひじきの口開けがやっと開きました。今年のひじきは量、質ともよく概ね豊漁の様でした。

でもひじきは刈った後が物凄く大変なので、『ひじきに殺される』なんて言葉もあるくらいです。それに加えて、今年は刈った後天候が悪く、煮たり干したりの作業も中々進まないので頭を悩ましました。(でも刈った後に続いて全力疾走という事にならないので、以外と良かったかも)

我が家では天気予報と睨めっこした末、中4日空けて週末の晴れ間を狙って干す作戦にし、それに合わせてより分けや煮る作業をしました。

煮る作業はテラスの下の猫の額のような狭い場所。窮屈ですが周囲の風も当たらず、雨も落ちて来ませんので、意外と快適。(さてこの後の干す作業も問題。明日の朝は込むんだろうな~~)



予想したとおり翌日は5時頃から浜は大賑わい。ひじき干しの風景
今年は口開け以降に大時化に見舞われたのですが、その時に広場に打ち上げられた海藻類で、干す場所が例年より狭くなっているのです。

そんな訳なので前日から場所取りをしたり、干す準備をしていた人も居ました。って言う私も場所取りをしたんですが、妻や義母はそんなのらしくないって言いますが、趣味や道楽でやっている訳でもないし、確保した場所も広場の隅っこだから、概ね私らしいと思うんですがね。

更に時を前後してこれをさかのぼる事2週間ほど前、テレビの取材があったのを耳にしていましたが、その番組制作会社の方から数日前にメールが来ていました。

電話での連絡先を伝えておきましたので、次に連絡が来たのは、丁度今年のひじきを煮ている所。内容は、東京テレビで放送している『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ』で網地島の取材をしてきたのですが、網地島の風景や画像等を網地島研究所のHPから使わせて欲しいとの内容。

鍋に火がかかっているので更に詳しいことは聞かず、何時もの通り、使用条件等は何もなしで使ってもらうように伝えました。でもどうやら網地島のひじきが主役らしいです。

ただこの番組は東京での放送と思い込み、再放送を仙台から放送しているのを知らなかったもんですから、残念ながら放送日を聞きませんでした。近々放送するとの事でしたが、ご覧になった方は教えてください。

もしかしてこの番組から網地島のひじきの人気が全国的に出たりして?
関連記事

Comment 0

Latest Posts