チキュウ ハ マルカッタ

 26,2008 03:20
折角島に来たのに、連日の雨模様で何も遊べずに帰る羽目になった子供たちをドワメキに案内した。
『おお!今日は鯨が見えるぞ!』
『えぇ~どこどこ』
『ああ、クジラだ~~~!』
子供たちが車から飛び降りて、一斉に走り出す。
コーチも望遠レンズでシャッターを切り続ける。
『すごい!すごい!』
『すご・・・・』『す・・・・・・・・』
『あれ岩?』
『えへへ、わかっちゃった?』
PA0_0030.jpg
これがドワメキ崎名物の鯨根である


【どこまでも続く水平線】【どこまでも続く地平線】
と言うのは嘘である。
水平線は緩やかに湾曲し、地平線と交差し、元の位置に戻る。
地球と言う球形の頂点に立っているからである。
故に、水平線は直線には成りえないのだ。
PA0_0031.jpg
子供たちにはイマイチ感動が薄いが、大人の目から見るとかなりのカルチャーショックである。
牡鹿半島の御番所公園や網地島のナガドロの高台から見ては、これを確認できないけれども、ドワメキ灯台からだと、これが実感できる。

『地球はまるかった』は宇宙飛行士が地球を見た時の感想だが、地球がまるいのはドワメキでも確認できる。実に安上がりだ。
関連記事

Comment 1

2008.08.26
Tue
22:56

ぐーもぐ #-

URL

うちの子発見

先日はお世話になりました。
息子とこのブログをみて、「俺がいたー!」と盛り上がりながら、思い出話に花を咲かせました。
クジラの話をしているときに、さいど~さんと思われる方に「頭いいね~」と言ってもらったと喜んでいました。
ちなみに、息子は水平線が直線でも湾曲していても、よく意味がわかっていません。
来年の夏もシーカヤックをやりに絶対参加する!と言っていますので、1年後にはわかるかな?
私も見てみたい、とは思うものの、実はムカデをはじめ大の虫嫌いでして、巨大バージョンがたくさんいるかと思うと、正直、大自然に抵抗があります。。。
また、来年お世話になります。

編集 | 返信 | 

Latest Posts