低気圧の置き土産

 16,2009 10:24
 浜に来て早く!』
 妻から切羽詰った電話が入った
 何が起きたのか聞こうとすると
 『カモメこら~!』
 『このやろ~あっちけ~』←やろっこ
 てな声

何だ~海に落ちたか、怪我をしたのかと心配したけど、そうじゃあないんだ。で尚も電話の先では『ホヤ、ホヤ。カモメが持って行っちゃうよ~』って叫んでる。どうも浜でホヤ拾いをしているのだが、カモメと争奪戦を繰り返しているようだ。

仕事もひと段落したので急いで浜に行ってみると、やろっこが罵倒と投石でカモメをけん制し、妻がジャイ丸を抱えたまま、波間のタイミングを見計らい打ち寄せられたホヤを拾っていた。
 
 『君達の大変は平和だね~』

やろっこは嫌いなホヤを拾いながらTVの真似をして『ホヤとったど~』と叫び、『今夜たべて見ようかな』とポツリ。

カモメと格闘を制して獲得した天然ホヤは早速晩御飯の食卓へ。お父さんとお母さんは酢醤油で食べ、やろっこは興味本位でオーブントースターで焼いた焼きホヤに手を伸ばす。恐る恐る口に運んだやろっこは『おとうさん、ホヤってにゃむにゃむだね』と親指を立てた。
関連記事

Comment 0

Latest Posts