フォームと迷想4

 30,2009 09:57
《余談:巻き割時におけるエネルギー》
マサカリが振り下ろされる縦方向のエネルギーは木に衝突し、刃先が木に擦れて熱を発生する→更に進んで横方向のエネルギーに変換される→変換されたエネルギーは1本の木の束縛から解放され飛行を始める→木片は飛行をしながら空気抵抗で徐々にエネルギーを減衰させる→木片はたまたな歩いていていた人の頭に衝突する→当たった人は激怒する。(頭部への衝突で位置エネルギーは熱エネルギーに変換され、更に激怒という感情のエネルギーに変換されたのである)

この時、マサカリを振り下ろしたエネルギーは薪を割ったエネルギーマサカリが巻き割り台に刺さって止まった摩擦熱飛行中の空気抵抗歩行者の頭部への衝突熱に等しく、また、衝突した木片の大きさと衝撃の強さと激怒のレベルは比例する。

また巻き割をしているときの体温の上昇は=巻き割りをしている時間×割った薪の数×節の多かった割合×硬い木の割合×時間が無いので急いでいたペース配分の度合いで上昇する。

結論:という訳で巻き割りをするとビールがいつもより美味く、食もすすむ

関連記事

Comment 0

Latest Posts