雷神社祭典当日の図1

 16,2009 09:49
信心深い? 実質的には初めて
親に似ず信心深い2人。二礼二拍1礼を知ってるんざあタダ者ではなさそう。

担ぎ棒が、、 獅子頭
神入れをして運び出された神輿。担ぎ棒をセッテッングしてイザ出陣!と言う時間なのだが、肝心の棒が上手く組みあがらない。毎年やっているのに・・・の声が方々から聞こえる。 時間つぶしに境内をうろつくやろっこ2人だが、怖いのが方々に有る。

路地を練り歩く 神輿を追いかける
路地を練り歩く神輿を走りながら騒ぎながら追いかけるのは子供達の仕事。

神輿と言えば 前の浜での獅子舞
神輿担ぎの定番と言えばこれ。何回も何回も海に入り奇声を上げる。冷たいだろうにと思うけれど、意外とそのキーワードは担ぎ手からは聞こえてこない。 休憩の時の定番は獅子舞と餅まき。やろっこは何個も拾ったのに、『拾ったか?』と聞かれ更に他の人から何個も貰う。大漁です。

お供え物 根組の浜へなだれ込む
10時頃、雷神社を出た神輿は中小路、西小路の路地を練り歩き、西小路の神社天王様の下で小休止。→続いて前の浜で海に入り広場で休憩。ここでは獅子舞と餅まき。→しばし休んだ後、また向小路、中小路を通り大金神社を巡る。→更に根組を練り歩き根組の浜へなだれ込む。丁度昼頃に大某網の番屋に到着し、担ぎ手とお供は昼食を取る。表では餅まきの2回戦目→食事を取った後は根組みの坂を上り、再び中小路の路地を練り歩いて神社へ戻るのだが、私達親子は神輿と別れて自宅へ帰りました。

少しだけ獅子を怖くなくなったやろっこ。今年は獅子の尻尾を掴みました。若干成長した感じです。

毎年同じ繰り返しが出来ると言う事は、実は幸せな事。担ぎ手もお供もギャラリーも、そして・・・

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 離島情報へ
にほんブログ村
関連記事

Comment 0

Latest Posts