毒牙に落ちて、満点の星

 06,2009 05:05
いや~まいったね
夜寝る前に背中が痒いのでポリッと掻いてたら変な触感。あれっと思い首を可動範囲外まで無理矢理回して鏡を見たら背中じゅうに物凄い数のイボイボイボ・・・・

例えて言えば、放射冷却が起こるような、雲ひとつ無い真冬の夜空に、無数に光る星の様に、或いは背中がプラネタリュームのスクリーンにでも成ったかの様に、もんの凄い数の赤いイボイボが背中を埋め尽くしている。(てな洒落たもんじゃなかったですが、ともかく凄く)

午前中に草刈をしたので草にでも負けたのか?・・・
サバの塩焼きは食べたけど、いつも食べているし、鮮度も抜群だったし・・・・
でもな~あれこれ原因をめぐらす

それはともかく痒い。掻いちゃいけないと思いながらも、掻かずにいられない痒さ。されど掻けば掻くほど痒くなり、掻けば痒さが加速度を増しす。苦しくて再び風呂へ行き、冷水シャワーで体を冷やし、頭と体をクールダウン。発狂は逃れたが、しかし相変わらず痒い。
 夜が長がかった。昔から『痛いのは我慢できるが、痒いのは我慢できない』とは上手く言ったもんだ。しばし名言である。

翌朝、島から出る用事があったので、石巻の行きつけの皮膚科に寄った。先生は私の背中を一目見て、やわらディスクから表紙のど真ん中にどでかいムカデが書いている図鑑を出し、『チャドクガですね』とポツリ。『えっ?』『今年は被害が多いんです』

チャドクガは知っていたけれども、自分の番になるとは・・・・・
島に帰ってか詳しく調べたらチャドクガ1匹に毒の針が数百万本もあるらしく、風に乗ってもその毒針が飛んでくるらしい。しかし、何の攻撃もしていない相手に、無差別攻撃をするとはトンでもない行為。それに比べたら件のムカデなんか紳士的方かも知れない、なんせ家宅侵入はするが、攻撃をしないと噛まないし、噛んでも1箇所だけだし・・・・・

それはさておき、検索には抗体がある人は全身に出るとか、体質によっては治るのに1ヶ月以上もかかるとの脅しにも似た不安を煽る文句が続く。果たしてプラネタリュームの上映?会は何時になったら終演をむかえる事が出来るのか???

(補足)ツバキ、サザンカの木がある場所は特には気をつけましょう!
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 離島情報へ
にほんブログ村
関連記事

Comment 0

Latest Posts