夕焼けを追いかけて

 30,2009 06:40
『おとうさん、きょうは夕日が綺麗そうだよ』
『おお今日は夕日が綺麗らしいから、見に行くぞ~車に乗れ~』
時間が迫っていたので根組の浜に行ったけれども、山の陰になって見えないので夕日を求めて更に網地へ向った(太陽が沈む位置は冬は南によっているけれども、夏は西に沈みますから、根組から夕日が沈むのが見えるのは秋冬で、夏の夕日は見えないのであります)

『急げ急げ~』
P7120278_convert_20090729090515.jpg
『んん~~ん、遅かりし~』
P7120281_convert_20090729090615.jpg
朝焼けや夕焼けを見たたことが無い子供達が沢山いるらしいですが、我が家の園児は親のまねをして夕方ころになると、西の空をチェックします。網地の方角(西)から天気が変ってくるのも、いつの間にか覚えたみたいで、天気が悪くなると波が出てくることや、月に何回か大潮が来ること、更に1日の中でも潮の干満があるのを知っているようです。
 これ等のことを本で読んだりして学び覚えるのは大変な作業ですが、日常生活で見慣れていると実に簡単に身についてしまいます。曰くこれが『習うより慣れろ』というか『百聞は一見にしかず』という事なのでしょう。自然のことは自然から直接学ぶのがやはり早道のようです。
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 離島情報へ
にほんブログ村
関連記事

Comment 0

Latest Posts