『網地島、栗拾いツアー!』

 30,2009 06:24
0828.jpg
そろそろ山の栗も実がふくらんで来ましたが、何年か前にあった小さな出来事

島に移住してきた人が島の山で大量の栗を拾ってきた。
明るいノリで
『あの~山で栗をいっぱい拾ったので食べてください~』
と近所の人におすそ分けをした
『凄いね~どこで取ってきたの?』
『山を歩いていたら見つけたんです~
 何となく場所は分かるんですけど何処だったかは・・・』
『多分それは植えてある個人の物だと思うんだけど、
 取って来ちゃったんだから、もうしょうがないよね』
『えっ・・・・』

山に有る栗の木は、以前に農地としていた畑を止めたときに、補助金が下りるので植えたものである場合が殆ど。中には下草刈をしている人も有るけれども、植えっぱなしの人が多く、自生の木との見分けは付き難い。
 ワラビやアケビなら人の山から採っても文句は出ないだろうが、栗の実となるとちょっと違ってくる。まあ誰でも自分の山から黙って採(盗)られるのは面白く無いだろうから、一言断れば良いとは思うが、何方が持ち主か調べなくてはならないし、まあそこまでする程の話でもない。何れにせよ『李下に冠を正さず』ではある。

しかし、山には沢山の栗の木が植えてあり、秋になれば誰も取らない実が沢山実る。高齢化が急激に進んでいるのでその殆どは放置され人間の口には入らず、山の肥やしになる。勿体無い。
 ならばいっその事この栗を一般に開放したら如何な物だろうか?夏は白浜海水浴場で海水浴。秋は網地島の山で栗拾い。現地ガイドつきのタダ~。で終わってから芋煮会。交流人口はきっと増えると思うのだが、もしそんな企画があったら???
 
関連記事

Comment 0

Latest Posts