第五回ツルウメツアー

 14,2009 06:47
今年も台風一過の某日、少人数が参加してこじんまりとした「ツルウメ狩りツアー」を行いました。
参加者は長渡の港で上陸、車二台に分乗して植物観察がてら島内を散策をしながら、ツルウメモドキ(以降はツルウメ)狩りをしました。先ずは見るだけポイントを数箇所巡ります。
0921c.jpg
この大きな木に見える半分の葉っぱはツルウメモドキの葉っぱ。見事な実も沢山付いていますが、高くて手が出せません。『
0918b.jpg
え~勿体無い~』の声


こちらは笹薮全面がツルウメ。手が出ない高さではありませんが、実が小さいのでここもパス。
『え~ここも採らないの~?』

1020a.jpg
3箇所目の場所は足元に横たわっているので、脚立も梯子も使わず簡単に取れる場所です。
沢山あるので皆さん目移りの様子。『は~い!早い者勝ちですよ~』

1020c.jpg
結構実が大きいです。

1020d.jpg
枯れると実を包んでいる皮がはじけてこんな感じになります。

0921a.jpg
収穫したツルウメは持ち帰りに便利なように、花屋さんから貰っておいた菊の段ボール箱に新聞紙で仕切って重ね梱包します。何せ家まで帰る途中に船と車がありますから、バラバラでは不便、こうすればツルも実も絡まないで後から簡単に取り出せます。

1020i.jpg
当日は台風一過の快晴で

1020j.jpg
海も驚くほど澄んでいましたので

1020h.jpg
気が済むくらいにツルウメを収穫した後は、波打ち際で貝拾い。

1020f.jpg 1020e.jpg
その後は断崖絶壁の淵にあるツルウメを見に行き、一応ツルウメ狩は終了。
それぞれ持ち寄ったお弁当を広げてお昼ごはん。
『あら~このウニの塩辛美味しいわね~』
『おっ!この漬物も美味いですね~』
などと言いながら、植物の話、島の暮らし、移住のこと、諸々の話で盛り上がりました。

1020k.jpg

1020l.jpg
島で咲いているシュウメイ菊は赤紫色が殆どですが、他では白や黄色が多いらしく、珍しいというお話を参加者から聞きました。

1020m.jpg
言わずと知れたトリカブト。猛毒のトリカブトが何気に道端に咲いているので、笑いがおきていました。

1020g.jpg
名前が分からないので後日回答の宿題になりましたが、帰ってから調べたら【アオツヅラフジ】(カミエビ・神海老)。薬草図鑑を見ると木部・根にはアルカロイドを含んでいるので、薬効もあるようでした。

帰りは午後の久丸にツルウメ、サルトリイバラ、イノバラ、オレガノ、ミント、アジサイ・・・ほか諸々を積んで帰路へ。参加者の皆さん物凄く楽しかったそうです。
関連記事

Comment 0

Latest Posts