時に時化は

 11,2010 09:35
210310.jpg
明け方から強風とみぞれ 海は真っ白 正しく正真正銘の大時化
船は終日全便欠航で、やろっこは楽しみにしていた保育園に行けず
電力さんは停電対対応で島に待機していましたが、今回は出動なし
暇を持て余す子供達を見捨てて私は仕事へ・・・・

仕事の帰りに浜を通ったら、何やらマグロ大の物体をカモメが突っついていた。近寄ってよく見るとどうやら小さなイルカらしい。波に揉まれて迷い込んだのか?そっれとも死んだのが流れ着いたのか?と考えたが、肌の感じを見ると恐らく後者なのでしょう。

このカモメもそうだが動物は目や内臓から食べ始める。多分身よりもそっちの方が美味いのでしょう。サイズ比率的には死んだ小さな魚を食べるヤドカリと同じようなもの。知能指数が高いイルカとしても、妙な感情移入は人間の勝手なお節介。否人間の同じような者です。

イルカにとっては災難でもカモメにとっては美味しい贈り物を届けてくれた幸運の低気圧だったのでしょう。
関連記事

Comment 0

Latest Posts