発泡スチロールのオブジェ

 20,2010 15:36
漁協に用足しに来たお婆さんが職員に質問している声が聞えてきた。
『何であそこに発泡並べたんだべ?』
『どこに?』
『ほら、浜のところ、いっぱい白い発泡あっちゃ~~』
『えっ?・・・』
『波にぶじ揚げられだんだべが~』
『ええ~~??・・・・』
2103xx2.jpg
話から推察すると、浜に並べた波消しのブロックをどうやら発泡スチロールが重なったのと間違えたらしい。
2103xx1.jpg
お上の湾岸整備計画など読んでみると、牡鹿は観光開発や景観を守る、整備に重点がおかれている。まあそう言う訳で、波消しのブロックも単に並べるのでは芸が無いので、芸術的観点にも重きを置き設置したのであろう。流石である。こうすることで海岸線に続く自然が織り成した素晴しい景観が、更にまた素晴しい芸術作品に守られて行くのである。
関連記事

Comment 0

Latest Posts