トンネルを過ぎると

 22,2010 09:26
sika1.jpg
先日鮎川と石巻を結ぶ県道2号にある鹿の飛び出しを注意する看板を数えたら、15枚ほどあった。軒並み立っている印象だったので、もっと数が多いと思っていたら意外に少なかったが、均等距離で立っている訳ではなく旧牡鹿町の方に偏って設置されているので、そう感じていたのでしょう。

東北のある町に行った時、飲酒運転を注意する看板がべらぼうに立っていた。聞くと『町の2軒に1軒が酒屋。石を放り投げると酔っ払いに当たる』とか言われているらしく、とにかく酔っ払い運転が多い地域と後で知った。

件の看板の設置理由の如く、看板は不必要な場所には設置されず、必要な場所に設置されるのはセオリー故、この看板も鹿が飛び出ししょっちゅう車と激突しているので掲げてあります。

現に私も走行中に鹿が飛び込んできたし、ぶつかりそうにもなった。先日も近所の人がこの鮎川道路(俗にこう呼ぶ)を走っていたら鹿に激突されたらしく、車の修理代の見積もりが20万円程だったとか。もし車両保険に入ってないと、正に鹿にぶつかった位に痛い話です。

そんな訳で中には倒れている看板もありますが、決して看板倒れ(看板倒し)ではありません。
sika.jpg
で県道に設置した正規の道路標識の黄色い注意板が殆どなのですが、他には後から追加して設置したたて看板もあります。でもよく見るとこの看板には渡ろうとする複数の鹿が描かれている。果たしてこれは親子の設定なのか、遠近法を駆使した群れの設定なのか???

さらにこれと似た青い縦看板バージョンがある。青バージョンは鹿が1頭で渡りきったかの様に、道路にお尻を向けている構図ですが、果たしてこの看板の意図はどこに有るのでしょうか???ちなみにこのバージョンは1組しか有りませんので横目を振らずしっかり前を見てないと見逃します!お見逃し無くと言えば序ですがこの看板の近くでは時々ネズミ捕りをしていますので、重ね重ねお見逃し無いように!

sika2.jpg
このトンネルを通り過ぎると鹿の看板がなくなります。
馬や鹿などの軽車両も通っていいトンネルなんですがね・・・
sika4.jpg
関連記事

Comment 0

Latest Posts