22,2010 09:18
4月24日
雷神社大祭の宵祭り演芸会が長渡公民館で開催されます。
開演は午後1時で終了は3時の予定。
以前は夕方から始まっていましたが、終わるのが夜の9時頃になるので、お年寄りの帰り足を考慮し、数年前から昼に変更になりました。午後3時終了ですと、鮎川経由で帰る事も出来ますので、島外の方も是非どうぞ!
演目は下記の通り。
210424a.jpg

島からの帰りの船は
1、または15:30久丸発鮎川行き久丸
2、長渡15:48発網地島ラインみゅう→網地16:10経由→鮎川行き
に間に合います。

25日
雷神社大祭の当日。10時頃本殿を出た神輿は 雷神社→中小路→天王様→前の浜→向小路→大金神社→根組→根組の浜番屋(昼食で休憩)→根組→中小路→前の浜経由で本殿の道順で集落を練り歩きます。
2009年4月のブログでの雷神社の記事
途中の天王様、前の浜、番屋の前では獅子舞が振られ、前の浜と根組番屋の前では餅まきがあります。
餅拾いの極意は下↓の続きを読むをご覧下さい。
おまけは餅拾いの極意


餅を多く拾うには
①餅拾いはまかれる前から戦いは始まっている
 (知っている人に取らせようとするのは人情だから、
  まく人と顔見知りの人が居る近くに場所を取る)
②持ち拾いは地面を見るべし
 (撒かれたのを空中でキャッチするのではなく、
  地面に落ちたのを拾った方が効率がいい)
③餅拾いには前掛け等をして行くべし
 (前掛けを広げて地面に落下する前に確保。
  更に続けて拾ったのも入れておくことが出来る)
④餅拾いに遠慮は無用
 (餅が地面に接触している内は引っ張り合ってもセーフ、
  取られそうになったのを足でガードもあり。
  ただし、最後に微笑を忘れないようにするのがマナ~)
⑤直接アピール
 (終盤になりまかれる残数が少なくなったら、
  まく方も何処にまこうか躊躇うので、手渡しで
  もらう)
⑥終わった後は『さっぱり拾えなかった』と言うべし
 (多く拾った人から分けてもらえる)

関連記事

Comment 0

Latest Posts