キョウドウトボランティア

 14,2010 06:34
町道の草刈
SH340082.jpg
序にゲートボールやアパート場周辺の草刈
SH340083.jpg
病院周辺の草取り
210613a.jpg
草刈
210613b.jpg
斜面の草刈は見た目以上にきつくて危ない
210613c.jpg
雑草の林も一歩から
--------------------------------------------------------------------------
『何処それの草は何それが刈るべきである』と言っても、諸般の理由はあれ、刈らなければドンドン伸びる。誰かは刈らなければならない。公民館、消防詰め所、町道、県道、私道・・・・ごみ集積所は誰が管理するか?神社や浜掃除はは?・・・・本来やるべき立場の人(行政)が完全に出来ない、又はそれに含まれてない部分が出来たのを住民(市民)が補い合う行為をたぶん協働とよぶらしい 離島や山間部の行政の手が及びにくい場所ではこの協働とよばれる いわゆる助け合いが不可欠 『火事は消防署が消すべきである』と言うのは正論だが、目の前の火は権利を振りかざしても言葉だけでは消せない。消防でも一般市民でもいち早く消さなければならない。ボランティアとはタダ働きの代名詞ではなく自ら志願すること。報酬の問題ではない。
---------------------------------------------------------------------------
と言うような硬いことは抜きにして、出来る範囲での助け合いは必要と思うが
関連記事

Comment 0

Latest Posts