へんてこ研究家

 25,2010 07:18
おめげっつぁま(中秋の名月)のお供えのソゾメ(がまずみ)を山に切りに行きましたが毎年有る所に有りません?・・・葉は有るのに実が着いていないのです。日没真近なので若干焦りながら花瓶に飾る分程度を何とか探して確保したのですが、疑問が残りました。

家に帰ってからその事を話したら、どうも豊作の年と不作の年が1年おきに交互にあるらしく、それを真似たのか空が晴れて月を望めるのも、1年交代とか。丁度にシンクロしていればいいのですが、年によってはソゾメは豊作だけど月が出なかったとか、月は見事に出たけれども、ソゾメが無いとかに成ってしまいそうです。

さて島のおめげっつぁまのお供えは、ススキ・ソゾメ・アケビにさつま芋・葡萄・梨・団子が定番。オールスターを揃えお供えしていましたら、じゃい丸がソゾメをつまみ食いし始めました。まだ熟していないので食べても不味いようなので、摘んで遊び始めました。

やめさせようとしても素直に聞く相手ではないので、ほったらかしににていたら、盛んに鼻に指を入れている様子。如何したのかと聞くと『はなにはいった』と言う。『鼻に入ったのか?』と聞くと、『はなにはいった』と言う。『もう出たのか?』と聞くと『でた』と言うので安心していたら、暫くしても鼻に指を入れている???
念のため懐中電灯で鼻の穴を照らしてみたら、鼻の奥にソゾメの粒が入っているではないか・・・・
『お馬鹿!何でそんなへんてこな事が思いつくの~』
鼻をかませても出てこない、如何しようか・・・
暗くならないうちに病院へ連れて行こうかと思いながら、試しに風邪のときに使う鼻吸いで吸ってみたら、運良くポン!と吸い付いて外れてきた。ははは。
『もっと入ってないか?』と聞いたら『もうない』との答え。
(ホンとかね?)

何でそんなへんてこな事が思いつくのかと思っていたら、実は私も小さい時やって、同じ様に外れなくなったと妻が自白。原因はそこか~と解決はしたが、本当にそんな妙な経験も遺伝するのだろうか????
thP9221043.jpg
(↑実際に入っていたソゾメの粒。注意:手相は読まないで下さい)
関連記事

Comment 0

Latest Posts