アケビとり&リンドウトレッキング

 06,2010 06:52
そろそろアケビも熟してきたので、午前中のチョッとした時間に4人でアケビとりへ
美味しいのはこの紫色したアケビ
中の実が若干透き通った感じにまで熟すと糖度は最高になります

じゃい丸ちゃんはアケビは知っていますが、食べ方がイマイチ
thPA031037.jpg
お兄ちゃんは慣れたもので、もう10個くらい食べて、げっぷも出てます
口にほお張った後は種をマシンガンのように吐き出すのが通!
これをしないとお腹の出口が詰まってしまいます。
thPA031046.jpg
じゃい丸の好きなのは、ソゾメと
thPA031049.jpg
ヤマブドウ
thPA031044.jpg
同じブドウでも場所によって物凄く酸っぱいのと甘~いのがあるが不思議
thPA031045.jpg
手も顔もブドウの汁で凄いことになっています
こちらもちゃんと種を出しています

終盤、お母さんが好きな蛇が登場!
見つけられた相手が悪い
喜んで棒でつついたり、小石を投げたりしてはしゃいでいました
アオダイショウさん残念でしたね
thPA031050.jpg
この日は林道を2キロほど歩いたので、本日のウオーキングは消化ですね

アケビは山に行くと木に絡みついた蔦にぶら下がっている物としか思っていませんでしたが、何時からかスーパーの商品として並ぶようになっていました。買ってまで食べるかどうかは別として、最近の子供達の殆どはアケビやソゾメを知らないらしく、ましてや食べたことも無いとの事。それに比べるとソゾメ、アケビ、ノブドウ、キイチゴなど、山のもの道端の物を日常的に食べている我が家の子供達はまるでタイムマシンで昭和にワープしたかのようです。
関連記事

Comment 0

Latest Posts