現状渡し?

 02,2010 06:00
軽トラックの車検が近づいてきたのですが、車体がボロボロ、4WDにも切り替わらないし、エンジンの始動もイマイチなので、仕方なく買い換えることにしました(もちろん中古車ですが)

色々探して格安物件をネットで見つけ、郵送で手続き・・(中略)

引取りの日、ポンコツ軽トラを運転して仙台の隣の富谷町へ
契約が終わり車の荷物を乗せ替え、帰ろうとしたらエンジンがかからない・・・
バッテリーが上がったかと思いきや、そうではない様子
ショップのオーナーが整備工場へ急いで電話をする
『あの~こう言う訳で・・・』
ひそひそ話が終わって、電話を切ってから車の下に入りコン!コン!

再びキーを回すとエンジンが始動!
『どうやらプランジャーが引っかかっていたようです
念のため叩く場所をお教えして、このスパナも差し上げます~』
『ってそれで良いの?』
『まあ現状渡しですから~』

プランジャーが引っかかるのは珍しくもないので、
まあ良っか~と錆びたスパナはお断りして帰路へ
途中GSに寄りガソリンを満タンにして
道路に出ようとしたら、シフトレバーに手ごたえが無い?
空のすり鉢をこね回しているような、はたまた空のボールをこねている様な、ともかく手ごたえが全く無い。

直ぐに件の車屋のオーナーに電話を入れると
『そりゃー困りましたね~』と軽いノリ
『四駆の切り替えのワイヤーは切れるし、プランジャーは引っかかるし、挙句スフとレバーがスカスカ。どうなってんだよ~この車~!』と激怒して言うと
冷静かつ軽いノリで
『どうも申し訳ありません。ただ現状渡しですので~』

この後は偶然にも同じスタンドで顔をあわせた島のヤホーSさんに電話をして救援依頼。  『Sさ~んさっきの車さ~壊れちゃってさ~島に帰れなくなったんだよ、鮎川まで乗せて~』と電話。電話に出たSさん  『バカヤロ~もうグニャグニャの一本道に入ったから戻れないよ~どうしろって言うんだよ~』等と毒舌を発しながら無理やりどっかでUターンして戻ってきてくれた(バカヤロ~は彼の口癖で、心根は優しい優しい方なのです)

やや暫くしてスタンドまで戻ってきてくれたSさん、開口1番『今日買った車帰り道で動かなくなるなんて、そんなオンボロ返しちまえよ~バカヤロ~』(又出たバカヤロ~)

短い時間名何回も故障が多発するので、車は解約し他で買うことにしましたが、シフトレバーがスカスカ空回りした原因の報告が再度入りまして
『シフトレバーの接続のピンが抜けていたらしいです。一応報告まで~』と件の軽いノリ
『ピンが抜けていただけつったって、出会い頭で衝突しそうだったんだぞ~』
『あんなオンボロ売りつけて!~~』
『申し訳ありません。でも現状渡しですから~』


吉田拓郎&中島みゆき:永遠の嘘をついてくれ
関連記事

Comment 0

Latest Posts