仙台での放送とグラップルの重機

 16,2011 10:22
5月10日フジテレビのスーパーニュースで「闘う“東北のハワイ”石巻・網地島の現実」と題した放送がありました。
http://datazoo.jp/w/%E7%B6%B2%E5%9C%B0%E5%B3%B6/6572713
数日間網地島に滞在し島民とともに生活した取材と編集内容はより現実的で、誇張も過大な表現もない等身大の編集内容と私は感じました。内容は計画停電や断水中の水汲み、救援物資の仕分け、我が家も関係したスクールボートの問題。瓦礫撤去や地盤沈下などの内容。総じて震災と戦う島民の力強さが伝わってきます。

高齢化率が高く、更に離島という困難な場所でも元気に戦っている姿は、震災を受けた多くの方々にも見てもらえれば、少しでも役に立てるのではないかと思った次第です。この放送に関しては私のほうにも多くの問い合わせが来ていますが、如何せんこの放送は首都圏ローカルの放送のみで肝心の宮城では放送されていません。フジテレビの他のキー局からは県内外を問わずこの放送をしたいとの問い合わせも多いらしいので、肝心の仙台の局からも放送してもらえればと期待しているところです。仙台放送さんでも他にも放送しなければならない事柄も多いとは思いますが、是非是非ご検討をお願いいたします。

th_IMG_0456ft.jpg
それから

島では現在瓦礫の撤去作業をしておりますが、重機が少なく殆ど人力で行っており怪我をするケースも出てきています。他の地では自衛隊や土木関係の傾斜がそれに当っておりますが、島では島民による自助努力が主。今後も瓦礫の片付けは続きますし、罹災家屋の解体にも重機が必要ですが、特にグラップルが付いた重機またはグラップルがあれば作業の効率は格段に上がり、作業の安全にも繋がるはず。この放送の呼びかけで運良く提供者が出てきてくれるのも効果として大いに期待している部分です。
関連記事

Comment 0

Latest Posts