時々漁師から→時々農家へ転身

 20,2011 06:38
・18日水道が復旧しました
・20日より計画停電が1日10時間給電より→15時間給電に延長されます
・5月初旬頃より佐川急便の荷物が島へ届くようになりました
・クロネコの宅急便が島から発送出来るようになりました
 (クール便・メール便の島への配達は出来ません)
・今後救援物資をどうするか?検討の段階に入りましたが、近々廃止の模様
・スクールボートの離着岸用桟橋が鮎川に2箇所、1学期中に完成し2学期から使用出来る予定

島はキュウリやナスなどの夏野菜やサツマイモの植え付けのシーズン。芋の苗や野菜苗は以前は野村青果さんが島に運んで販売していましたが、野村さんも被災し移動販売車は地震以降野来ていませんので確保が困難になっています。

網地島のサツマイモの美味しさは以前より知られており、今では島に移住した人が他の野菜は作らなくてもサツマイモは植えるというほど。島のサツマイモの美味さの要因は島の土壌にありその昔、北海道にニシンの買い付けにお金の代わりに持って行った言うほど。昔から海の恵みとともに土壌も恵まれていたのです。
(赤土の砂地の土は芋栽培に最適↓)
th_IMG_0588c.jpg
私は今年300本の芋苗を植える予定で、借りた畑をケツカッチンで耕しております。島では一般的にベニアズマ(農林36号)という種類を植えますが、私は半分の150本をバニマサリ(農林55号)という種類試しに植える事にしました。ベニアズマはホクホクとした食感で干芋などに向いていますが、貯蔵性が若干劣ります。ベニマサリはねっとりとした食感で焼き芋向きの芋とのこと。貯蔵性に優れ、病気にも強く最近人気急上昇の種類。サツマイモは長期での保存が難しいので、この種類を試してみる見る事にしました。
th_IMG_0589c.jpg
震災の影響でヒジキやウニ鮑などの海からの収入も途絶えたので、少しでも収入に繋がらないかとサツマイモの栽培を試みる事にしました。サツマイモは毎年20本前後は植えてましたが、300本と言うのは今年が初めて。さてどうなりますか?・・・・(畑を耕して終わったら400~500本植えられる広さになっていました・・・追加注文かな)

美味しい芋が取れました是非お買い求め下さい。『ベニマサリか~楽しみだな~(予約も可)

関連記事

Comment 0

Latest Posts