まだ続いている夏休み

 26,2011 01:38
スクールボートに関係しているのも教育委員会の中の総務部と言う部署。一次が万事であるからここも教育委員会からのアクションは一回も無く、しつこく何回も電話すれば嫌々対応をするという感じ。給食の問題でもブログで書かれていたが、電話の約束は全く守られていない。『状況がわかり次第、変化が出た都度ご連絡いたします』と言っていたのに、何の連絡も無いまま仮設の桟橋が作られる事に成り、作業が始まっても、終わっても何の連絡もなし。誰のアクションで動き始めたのか?どんな部署、どんな経由で事が進んだのか全くわからない。

 『私には権限がありませんので、明日必ず上司が電話を入れさせますので自宅意お出で下さい』と言われたが、1日中待っても電話は全くなし。翌日権限がある上司と言う方に電話したが、そんな約束はしてないし、部下も居ないので良くわからないと言う回答。謝りもせず話はノラリクラリかわされ、結局部下の話と同じで何の進展もない。

 小学校の校長先生から『教育委員会から連絡がありましたか?』と電話が来た。どうやら暫く前に7月の人事異動で件のスクールボートに関係した部署の担当者が替わったらしく、小学校の校長先生が校長会の後に教育委員会に出向き今までの経緯を説明し、保護者に連絡するように伝えたらしいのだが、必要ないと判断したのか忘れたのかどうかは分からないけれでも電話をしなかったようだ。
 再度校長先生に催促された教育委員会の担当者が挨拶がてら電話を入れてきた。『何分素人なので船の事はわかりませんし、状況も良く掴めていませんので~・・・』という出だし。今までの担当者は全く引継ぎをしなかったのか?校長先生が詳しく長々しつこい位に説明したらしい事を聞いてなかったとは・・・何れにしても公の仕事をしているのだから、『何分素人・・』と言う言葉は完璧に禁止ワード。もし本当に素人ならそれを選んだ人事に問題がある。

 小学校に入学してから1学期中に出席しなければならなかった日数は61日。その内仮設の桟橋が出来る前は登校が潮汐に関係しているので、35日中16日しか登校できなかったが、しかしかさ上げ工事が終わった6月15日以降は潮汐に関係なく登校できるようになったにも関わらず、登校したのは26日中5日だけ。その内2日はスクールボート以外の船での登校であり、更に1日は往復シーカヤックでの登校。(実はカヤックでの登校は抗議のアクション)
 
 仮設の桟橋が出来た翌日の6月16日の出来事以降子供が学校に行っていない事に関して、教育委員会は何の対応も船会社への指導もしてしていません。以前に島に学校を作って欲しいと言ったら『今はインターネットと言うものが有りますから、無理して学校になんか通わなくてもいい時代になったんですよ』と言い放った市長が現職のその下のとかく評判の悪い石巻教育委員会、学校給食問題でも文部省からの申し入れにも反応しなかった部署ですから多分これからも知らん振りを決め込むのは確実。石巻市の小中児童生徒1万3千数百人。その中の1人くらい学校に行けなくたって痛くも痒くもないとでも思っているのでしょう。

2新学期が始まっても我が家の1年生の夏休みはまだまだ続いています。
関連記事

Comment 2

2011.08.28
Sun
11:56

さいど~ #mQop/nM.

URL

今度代わった担当者は前にもましてノラリクラリ。経緯を説明しても反応は少なく、痴話げんかぐらいにしか捉えてない。学校の校長先生はこの状態を切迫した感じで捉えているけれども、教育委員会は対岸の火事を超えて、外国の出来事のぐらいにしか感じていないから、学校に通わせるように考えて欲しいとか、考えているという言葉は一切出てこない。

まあ確かに外国の出来事だったらクーデターが起きても何が起きても、テレビの映像だけだから緊迫感はおきないだろう。

『県外から応援に来た職員は前向きに元気にやっているらしいが、元から居る職員は覇気が無くノラリクラリやっている』という書き込みを所々で見る。なぜなのか。

何れにせよこれを機会に前例が無い。予算が無いと言う決めセリフはもう議会で禁句にしなければならないと思うが。何故なら前例が無い出来事で今の状態になっているのだから。

編集 | 返信 | 
2011.08.28
Sun
10:56

小国寡民 #-

URL

教育委員会は義務教育のガン細胞

目障りだった公選制度を文部省が廃止して以来、教育委員会は、文科省のお気に入りの人選、父兄を無視できるようになりました。義務教育のガンです。ここ石巻も例外ではありません。男女共学、津波被害、どれをとっても事なかれ主義と言い訳の象徴的対応。そんな役所を相手に苦労している様子、よくわかります。ストレスを内にこもらせず、彼らにぶつけて発散してください。もっとも、彼らには馬の耳に念仏でしょうが。

編集 | 返信 | 

Latest Posts