初寄港

 10,2011 22:49
th_IMG_1135to.jpg
桟橋の左側に「みゅう」右側に「マーメイド」が着岸。実は両船とも長渡港への接岸は震災以降初めての事。と言うのも鮎川~網地島間の航路の再開の準備として航路の点検と桟橋の接岸の下調べの為の航行で正式に運航開始をした訳ではない。

鮎川航路の再開は網地島島民が最も期待している事柄だが、遅々として進まない要因は鮎川港での係留に関わる問題。と言うのも鮎川港は被災した港の中でも一挙に2箇所をかさ上げしたが、利用する船が多いのでそれでも手狭と言うのが現実。ワカメや銀鮭の養殖の船、定置網も含めた多くの船が港を利用するので、接岸する船が来た時に一旦桟橋を離れて場所を開け、用事が済んだら再び又接岸したり、接岸した船に横付けし船から船を渡って陸に下りる所謂【船渡り】と言うのもしている状況なのに、そこへ長時間係留する船が出来ると不満が出るのもまあ致し方ない感じではあるが、『綱切るぞ!』は手荒な歓迎。

漁業を再開し経済的に立て直している過程であるのは十分承知しているが、網地島にとっても鮎川と航路は生活を立て直すための重要な航路なので1日も早く再開されることを多くの島民が待ち望んでいる事を理解してもらいたいところです。


関連記事

Comment 0

Latest Posts