恵まれていた過去を振り返りながら

 03,2012 10:56
12月28日からブルーライナーの長渡港からの便が始まった。7時ちょっと前に
汽笛を鳴らしながら入稿してくるのを布団の中でまどろみながら聞く。今までの
事が悪夢であったらと期待しながら思いながらカーテンを開けるが、やはりそうで
はかなったらしい・・・・・
th_SH340025.jpg
庭でアルマジロを飼っていた?昔の旅館は解体され今は平地になった

th_SH340040.jpg
鮎川の市場が週に何回かしか開かないので、獲った魚は資産地消に回ることが
多くなってきた。アイナメ、ソイ、ドンコ、イシモチ、タコ・・・・この日は
鮭を貰った。

鮎川の山根から定置網の魚も時々貰う。船に積んできて桟橋で振舞われる。
イナダ、サバ、鯵、イワシ・・・・イナダはブリのように脂がのっていた。
イワシは刺身、サバは塩焼きと唐揚げ。美味かったな~イワシはバケツで
一杯分。
th_IMG_1278.jpg
定番は目刺し(目は通していないけれど)
一夜乾し位の乾燥で仕上げると美味い。
th_IMG_1273.jpg
目刺しは長く保存しておくと辛くなるので多くは作らず、残りはイワシのオイル漬け
にする。オイルサーディンです。スパゲッティーによし、サラダによし、酒の魚にも
ご飯のおかづにもよく合う。
th_IMG_1283.jpg
遠方からイカを貰う。
この時期のイカは刺身には合わないので一夜干にする。味付けは濃い塩水で洗うだけ
干すのに道路わきから竹を切って来て割り、凧揚げの様な格好のイカにして吊るす。
乾いた西北の風が半日で美味しい酒の肴を仕上げてくれる。
th_IMG_1285.jpg
別便で大根と白菜が届く
へそ大根というのを作ってみた
竹は例の道路わきの矢竹
これも季節風が乾燥作業担当者
th_IMG_1287.jpg
白菜はさっと乾し3%の食塩で漬ける
th_IMG_1257.jpg
28日・繭玉をつくる。島流に言うと『めだまを作る」
去年まで邪魔張じゃい丸2号はも今年は戦力!?
くちっぱしを尖がらせて集中してやっておりました
th_IMG_1291.jpg
よく見るとアンパンマンやらテルテル坊主もぶら下がっていますが
まあ硬い事は言わないで・・・
th_IMG_1298.jpg
玄関先のサヤエンドウは今が満開!何もこんな寒い時に花を咲かせなくとも良い
と思うのだが、暖かくなったら直ぐに実を付けるという越冬時間差戦術。偉いね~
ほうれん草も白菜も寒さに当ると甘味が増す。何か考えさせられます。
th_SH340044.jpg
子供も寒い外で遊ぶと丈夫になる!?
退屈という言葉を見事に破壊してた色々な出来事が立て続けに起きた2011年
人にも食にも環境にも恵まれていたのを再確認した年でした
関連記事

Comment 0

Latest Posts