只今入院治療中!

 04,2012 11:14
年末に一人の漁師が亡くなった。一人で漁に出かけたままかえらぬ人となった。死因は心筋梗塞。この病気は発作が出たら数十分以内に70%の確率で亡くなると言うことを聞いたことがあるが、場所が海上で単独の漁となると助かる確率は更に難しかったはず。

後で聞くとどうも医者からペースメーカーを入れるのを勧められていたのらしいですが、伸ばし伸ばしで来てこの事になったらしい。もっと早くに行っていればと誰もが思うことだが、実は震災以降離島航路は便数が少なく島から出てあるくのが困難だった。更に島から出ても泊まれる宿がなかった。手術をしようとしても病院は震災後の混乱が続き満杯。余程重症な状態じゃあないと手術は後回しになっていた。

更に彼は震災後災害対策本部で重要な役回りをしており、その後も復旧作業の責任者をしていた。責任感が強く真面目なので自分のことを二の次に働いていたのだろうが、それを加速させていたのも船や宿泊先や病院などが震災後にうまく動いていなかった事に大きく関係している訳で、そう言う意味では彼の死は震災のせいであるとも思う。

また彼ならずとも島から出て渡ってからの本土での滞在時間が実質2時間くらいしかないので、石巻や仙台の病院に行けないとか、治療に行けないとかで苦労をしている人も多く居て、それが原因で島から引っ越した所帯もあった。

実は私も震災直前に腰を悪くしたのだが、件の状況で治療が出来ずこじらせこじらせ約一年続き、かなりひどい状態にまでなってしまった。日帰りで石巻に行けるようになったのは今から2ヶ月ほど前。地震以降治療には行けず震災後の色々な活動、作業、スクールボートにか編んだ様々な出来事が追い打ちを掛け、まあ言って見ればこんな事には成ったのもあの震災のせいで、下肢に痛みが出たしたのも3月11日の寒い寒い夜からである。

とは言え本当に強行すれば行けなくは無かった訳ではないので、早めに決行していればと反省するところもある。誰が悪いといっても困るのは自分。皆さんなんやかんや理由をつけず早めに病院に行きましょうね!
関連記事

Comment 0

Latest Posts