思わぬ落とし穴と久しぶりの活字

 05,2012 11:58
入院中に『下町ロケット』を読みました。面白くて面白くて1日で読み上げちゃいました。

後からネットでWOWOWでドラマ化された配役や相関図を見ると、概ね本のイメージとピッタリ。でも唯一けちを付けると、佃のの元妻は水野真紀ではなく、もう少し細身でキツ目のキャリアウーマン的な感じのほうが良かったのでは?という感じがしましたが、それはともかくこのドラマ化された映像はデスク化されて販売やレンタルにされているそうなので是非見たいと思っています。

実はこの本、入院に必要な物を揃えていた中に妻が私に内緒でこそっと仕込んでいたと言う品。朝の船に乗り石巻へ着いてから駐車場に行き、停めてある車のトランクから前日買い足したのをバックに詰め替えようとしたら、それが入っていて思わず「うるっ!」・・・・うかつにも目じりから透明の液体がこぼれそうになった。

テレビのチャンネル権は子供達が押さえているので見たい番組も中々見れない。それならば空いた時間に録画したのを見ようとしても、子供たちのお気に入りの予約とかぶったりして・・・仕事や家事で好きな本もゆっくり読めない。そんな中でこの本を読みたいと言っていたのを覚えていたらしく、入院の準備品を買いにいった時に、最初に本屋に行ってこれを買ったとか。

私が足腰とともに涙腺もかなり弱くなったのか、それとも妻が泣かせの落とし穴作りが上手になったのか?・・・・
関連記事

Comment 0

Latest Posts