待合室のデリバリー

 02,2012 17:11
th_IMG_1389.jpg
【Before】

th_IMG_1433.jpg
【After】

津波で破壊されて基礎だけ残っていた長渡港の待合室が建てられました。
(正確に言うと待合室が運搬されてきて設置されたと言うのが正し)
中は宇宙ステーションの貨物室のように機密性は抜群ですが、ここは宇宙では
ないので欲言えば若干息苦しい感がありますので換気システムが欲しいところ。
建物の窓はダテでは無いのですね。

箱状の待合室は大きな台船で海を運ばれ、クレーンで陸揚げし元の場所に設置。建物は風に飛ばされないようにコンクリートの重石で押さえたと見ました。他の場所では重石が要らないかもしれないですが、島の風は想像以上に強く半端なレベルじゃあないので頑丈に固定したのは正解です。

実は2ヶ月ほど前役所から長渡港の待合室とトイレの震災後の画像を送ってほしいとの依頼が来ました。破壊された待合室やトイレを作るための予算の見積もりにでも使うのかと思っていたら、被害を国に報告するだけとの事。なあ~んだそれだけ?と思っていたらポンと箱が届けられた。と言う次第。

台船のチャーターは20万とか30万とか・・箱代は?・・・建て直すよりは安上がりですが、何れにせよ島での復旧は金も時間も掛かります。
関連記事

Comment 0

Trackback 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  •  まとめteみた.【待合室のデリバリー】
  • 【Before】【After】津波で破壊されて基礎だけ残っていた長渡港の待合室が建てられました。(正確に言うと待合室が運搬されてきて設置されたと言うのが正し)中は宇宙ステーションの貨物室のように機密性は抜群ですが、ここは宇宙ではないので欲言えば若干息苦しい感があ?...
  • 2012.04.01 (Sun) 11:36 | まとめwoネタ速suru

Latest Posts