網地島の近況

 21,2012 00:30
引っ越してから約2ヶ月経ちました。ほぼ毎週島に通い仕事をしていますが、島までの移動距離は約80キロ。宮城県が東西70~100キロ位の幅ですから、概ね宮城県を東西に横断するの出稼ぎです。
 そんな距離関係ですので最初の頃は2時間以上掛かっていましたが、混まない路線を開拓して今は1時間半ほどで走れるようになりました。とは言ってもところ所でスピードの取締りをしているのであんまり先を急ぐと思わぬ出費につながります・・・(今のところお世話にはなってませんが)

3ヶ月位前は持病のヘルニアのせいで車の運転が出来る時間が最長で15分。それ以上運転すると激痛で1時間以上も動けなっていた。引越しを断念する位に状態は悪かったので、あれから比べると劇的な位に症状は改善されていますが、やはり長距離は楽ではないし脚立の上の仕事は辛いです。
th_IMG_1931.jpg
まあそう言う状態なので鮎川港から島という上陸方法だと更に運転時間が40分ほど増えるので、船賃が割高になりますが石巻港から網地島に通っています。
th_IMG_1934.jpg
のろのろ航行のマーメイドだと2時間も船に乗っていられるので、ゆったりと横になって痛いお尻を休められるので楽ちん(嫌味ではなく)な筈なのですが、しかしながらかなり高い確率で話し好きの人に捕まってしまうので中々休めません・・・
th_IMG_1941.jpg
島の津波による被害の解体家屋はそれ程多くなかったのですが、一部損壊や半壊以上の空き家をかなりの数解体したので、その瓦礫が島内の何箇所かに山積みにされています。
th_IMG_1963.jpg

ここには基礎部分のコンクリートが集められています
th_IMG_1956.jpg

その解体された瓦礫も5月に入って島から陸地へ船で運ぶ作業が始まりました。
th_IMG_1945.jpg

網地桟橋近く


網地のマルヤマ桟橋に接岸した船に瓦礫を積み込む図
th_IMG_1951.jpg

瓦礫積み出しをしている網地の反対側の長渡港では、海岸の補修工事に使う荷下作業をしております。(これも結構賑やか)
th_IMG_1960.jpg

家屋の解体と島外への瓦礫の積み出し、護岸や 擁壁工事が同時進行しているので、大型トラックや大型重機がガンガン走って島の道路はかなり凄い事になっているし、何箇所かの工事が同時進行し現場事務所や宿泊所が出来て島のご婦人がまかないに雇われたり、工事車両の運転とか・・・ともかく復旧作業の関係で諸々賑やかに騒々しくなっております。

しかしながら未着手の部分も多く、まだまだ先が長いでね
th_IMG_1954.jpg

何もしなくても雑草は季節に対応して生えて花を咲かせる。たくましいですね。
th_IMG_1707.jpg
関連記事

Comment 1

2012.05.24
Thu
12:39

白石昭一 #-

URL

網地島

郵便局の修ちゃんや、パーマ屋の聖子ちゃん、漁師の余市さん、皆元気だろうか。昨年お見舞いに行ったきりなので案じております。島の様子がよくわかり写真も多いので良いですね。長渡が懐かしいです。網地島より鮎川の方が被害は大きいでしょう。この前は、網地の晴耕雨読に泊まったんですが、長渡にも泊まれるところ有りますか。どこも休みなのかな。

編集 | 返信 | 

Latest Posts