晩飯前

 07,2012 00:19
何年かぶりに防波堤で落ち着いて竿を振りました。潮が動いていたせいか小型のメバルが入れ食い状態。調子付いて勢いよく竿を振ったら、と同時に小さな物体が放物線を描いて飛んで行き「チャポン!」

音の先を目で追うと、アルファベットの【Z】に似た形の何かがひらひら舞うように海の底へ沈んでいった・・・・・?リールのレバーを戻し糸を巻こうとしたら『無い!』くるくる回すあれが無いのである。さっきのZはこれか~・・・・

こんな時に限って魚が食いつく。仕方ないのでリールの糸が巻きつく部分を手でぺたぺた撫でて糸を巻いた。必死に巻いたが吊り上げる直前でバレて、さよ~なら~。まあ人生なんてこんなものである。

IMG_2267.jpg
それはさて置き、このくらいの小ぶりのサイズが味が有って美味い。同じくイシモチやソイ何かも大きくなると大味になって美味くなくなる。アジも小さなものは唐揚げにしたり刺身にしたりフライにしたりと何をしても美味く食べられるが、大きくなったアジはオオアジで・・・・
IMG_2266.jpg
↑ハンドル部分が無くなってしまった図のリール
関連記事

Comment 0

Latest Posts